FC2ブログ

sazanamiの物語

恋愛小説を書いています。 創作表現上の理由から、18才未満の方は読まないで下さい。 恋愛小説R-18

縺曖 179

Posted by 碧井 漪 on  

「どうぞ。」


「お邪魔します。」


皇に促された伸長は、緊張しながらスニーカーを脱ごうとした。


しかし、その時、スニーカーの中敷きも靴下もじっとりと、濡れて肌に貼り付いている事に気が付いた。


この状態で人様のおうちに上がるのは、さすがに・・・


スニーカーの中で浮かせた踵を押し戻し、伸長は顔を上げた。


「皇くん、僕、やっぱりここで失礼します。」


「なんで?折角来たんだから、上がってよ。見せたい物があるって言ったでしょう?」


「うん、でも・・・また改めて来るよ。」


「帰りたいなら、帰っていいよ。でも───」皇は伸長の目を見てそう言った後、視線を逸らし、


「このまま帰ったら、絶交だから。友達じゃなくなるから。」と続けた。


『絶交』


『友達』


何だか小学生みたいだと思う言葉、だけど僕は小学生の時に、そのどちらも縁がなかった。


『友達』がいるから『絶交』という言葉を聞けるのであって、『友達』のいなかった伸長は『絶交』と言う言葉を聞く機会もなかった。


皇くんは、まだ、僕の事を友達だと思っていてくれたんだ。


伸長の胸の中は、じんと熱くなった。


「僕、上がってもいいかな?床が濡れちゃうけど・・・」


「何だ、そんな事・・・俺だって濡れてるから気にしないでいいよ。」


そう言われて、伸長が皇の靴下を見ると、確かにつま先から前半分が濡れて色が変わっていた。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
※comicoチャレンジノベルにて「SとS(BL)」改稿版完結しました。番外編最終話も公開前に停止され、どの表記がいけなかったのかと"濡れた部分を押し進め"とか、"抜いて・・・"とか削りましたが、それは関係なく、ブログ番外編「愛することと憎むこと4話」に載せた挿絵をトリミングした物(セイと瞬の裸チューの一部分カット版//x//)が原因でした。ページから挿絵を削除した今、ご覧になれます。

今後しばらくはmecuruで「そうそうない」他、R-18の新作も進み次第、限定公開しますので、興味のある方はご覧下さい。


関連記事
碧井 漪

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。