FC2ブログ

sazanamiの物語

恋愛小説を書いています。 創作表現上の理由から、18才未満の方は読まないで下さい。 恋愛小説R-18

そうそうない 1 2014年8月30日のこと(1)

Posted by 碧井 漪 on   0 

そうそうない 1


「とてもかくても +BL」の続編




【登場人物】


僕・元(もと)──────木村 元啓(もとひろ)(43) 


わーさん────────毛利 橋(わたる)(48)




十年近く一緒に暮らしていた恋人同士は、わーさんの病をきっかけに、

2012年11月、共に仕事を辞め、購入した田舎の古民家に二人で移住した、

その後のお話。




2014年8月30日、まだ暑い昼下がり。


「かき氷が食べたい。」


殆どの食べ物を受け付けなくなった彼が、唐突に言った。


僕は彼の望みを叶える為に、車で20分かかるコンビニへ行く事にした。


「すぐ帰って来るから。」


布団に仰向けに横たわる彼を振り返りながら、勝手口脇の物入れの上に置いたキートレーから車と家の鍵、二つを繋げた物を握った。


布団の上から僕を見送る彼の顔を振り返りながら、チャリッ、立てた金属音と共に爪先をスニーカーへ潜らせた途端、


「いってきますのチューは?」と頬を少し緩めて彼が言った。


普段、そんな事を言わない人なのに、この時ばかり言うなんてと、僕の胸の奥を嫌な想像が鋭く過る。


僕が出掛けている間に死んでしまうとか───


そんな最悪な事を考えなかった訳じゃない。考えたからこそ、そうなって欲しくなくて、逆の事を懸命に考えた。


彼は生きている。今日も明日も、ずっと。


45分後、僕が戻るまで絶対生きている。だから、今キスするんじゃなくて・・・


僕はスニーカーに両方の踵を入れた。


「行って来るよ。帰って来たらキスする。」


「いってらっしゃい。」弱々しい彼の声に送られながら、胸中に湧きそうな嫌な靄を捻り潰し、外に出た。ガチャ、ガチャと勝手口に鍵を掛け、急いで家の裏に停めてある軽自動車に乗り、僕は一人出発した。


ようやく着いたコンビニで、かき氷を二つ、いや融けるから三つだと、イチゴ、メロン、レモン、それぞれの味を一つずつ買った。車のエアコンを最大にして、帰り道を飛ばした。


家に続く道は舗装されていない上り坂。砂利雑じり。雨の日はドロドロになる。その緩く続く100mもない道をガタゴト進むもどかしさの中で、僕の不安が再び募り出した。


でも平気、多分平気、ううん、絶対平気だ。


こんな嫌な予感しかしない時、大抵取り越し苦労が多い。


もしかして、まさか・・・過る不安を振り払い、車を降りて家の中へ入った。


大丈夫、絶対生きている。わーさんはまだ死なない。


ただいまのキスをして、二人でかき氷を食べるんだ。


“氷が融けて水になってるよ”なんて言いながら───


「ただいま、わーさん!かき氷、買って来たよ。」


彼は行く時とは違い、勝手口に背を向けて寝ていた。窓の方、畑に植えたひまわりが少し揺れているのを見ていたのか。


眠ってる。


ほっと息を吐いて、キシキシッ、板張りの台所を通り抜けて、畳の居間へ足を踏み入れる。


ジージー、ジージー・・・


家の周りに木はないのに、セミの声がする。軒下の壁に止まって鳴いているのか、少し煩い。


家の中は外よりも涼しい筈なのに、僕の全身から、ドッと汗が噴き出した。


こめかみから滴る汗を手の甲で拭いながら、ガサッ、コンビニ袋を持って、彼の顔の向いている窓の方から回り込んだ僕は、彼の前に膝を折った。




とすん、ガサッ。


畳の上に着けた両膝の隣にはコンビニのビニール袋。その中には彼が”食べたい”と待っているかき氷が入っている。


眠る彼の肩に手を置き、軽く揺する。


「わーさん、わーさん。かき氷買って来たよ。起きて。融けちゃうから。」


中々開いてくれない彼の瞼、乾いた唇の色の悪さに、どくん、僕の心臓が大きく跳ねた。


まさか・・・でもそんな訳ない。眠っているだけだと何度も心の中で唱えて。


「わーさん、起きて!わーさん!」


僕は叫んでいた。そして彼の肩に腕を回し、抱き起こした。彼の首には力が入らず、ぐらりとなった頭を、僕は胸で受け止めた。


ぽすん。


彼の頭は僕の胸に収まった。ぎゅうと少し強く抱く。


それでも彼は目を開かない。


彼の口元に耳を近付けた。僕の左手の指先は、少し体温の低い彼の右手首に触れている。


「わーさん、ただいま。起きて。かき氷融けちゃうから・・・ねぇ、早く起きないと、折角買って来たのに───」


さっきまで僕の頬を伝ってたのは汗だったのに、今は違う。


ぽた、ぽたり。


彼の頬に、僕の両目から落ちた滴が降り注ぐ。


だって、全然起きてくれないから。


帰って来たら、キスする約束してたのに、なんで、なんで起きてくれないの?


食べたいって言ったかき氷、融けちゃうよ。


ねえ、目を開けて。待っててくれたんでしょう?


もう一度僕を見て、「元(もと)、おかえり」って言ってよ。


キスだって、したいって、たった40分も待っていてくれなかったの?


「ただいま。ねえ、ただいま。起きてよ、キスしようよ。喉渇いてない?かき氷、買って来たんだよ?」


ガサ、ガササ・・・袋の中、真ん中の緑色を選んで付属のストロースプーンを突き刺した。


シャク、シャクッ。パクン、口の中に含んだかき氷は、想像以上に冷たかった。


僕はそれを、息をしていない彼の口に、口移しで含ませた。


緑の色水が、反応のない彼の口の端から零れ落ちる。


『おかえり』


そのやさしい声をもう一度聞きたかったのに、もう二度と聞けない。


こんな形で逝くなんて、思っても見なかったよ。


僕を置いて、独りで・・・


僕はただ彼の亡骸に縋って涙を流すだけで、そのまましばらく何もする事が出来なかった。


キー、カナカナカナ、キーキー・・・・・・


陽が落ち、暗くなった部屋の中で、抱き締めている彼の顔が見えなくなり、灯かりを点けた。


ガサッ、蹴飛ばしそうになった袋の中で、かき氷は赤と緑と黄色の色水になっていた。


こんな物、買いに行かなければ、彼を独りで死なせずに済んだのに。


悔しい。


ぐっ・・・両こぶしを握り締め、下唇を噛んだ。強く強く。軽い痛みと血の味がした。


果敢ない。


氷も人の命も、同じだ。


果敢ない。


長さは違うだけで限りがある。


いつか消えてしまう。いつか───


それが今日だったなんて、知らなかったんだよ、誰も。


移住して一年九か月後、


8月30日の午後。


わーさんは死んだ。




にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
※続きはmecuruにて公開しています
関連記事
碧井 漪

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。