FC2ブログ

sazanamiの物語

恋愛小説を書いています。 創作表現上の理由から、18才未満の方は読まないで下さい。 恋愛小説R-18

縺曖 11

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村テーマ 創作倶楽部へ
創作倶楽部

理解出来ない事が一つ減れば、人の気持ちも一つ理解出来るようになる。


僕は”人の気持ちのわからない人間”らしい。


今時の言葉で言うと“KY”=”空気が読めない”らしい。英語ではなく、日本語を略するのなら、クヨ、でもいいと思ってしまう所も”KY”なのかもしれない。


BLを理解出来たら、同性愛もわかるだろう。


女性が、男性同士の恋愛物語を好む気持ちも理解出来るようになるかもしれない。


不図(ふと)思い出した。

藤野くんが『俺は、こんなの絶対読みません』と言った事を。


どうしてなのか、それは女性向けだからか、いや違う?


内容が過激だからか?


コミックスの次に小説を開いてみる。


ざっと流し読みして、中盤に差し掛かると、どれも比喩表現を使用してぼかした内容ではあるが、これは『同性愛の官能小説』と言えば近いのか、とにかく高校生になりたての少年にはキツいと思われる描写が続いた。


先生から借りたBL小説は性描写がなかった。


キス、ハグ、ベッドで朝を迎える、その間の細かい部分は省かれていた。


再びコミックスの方を開いてみると、なるほど、若い男が全裸でベッドの上であらぬ体位で組んず解れつ、汗なのか何か分からない物に濡れて、激しく絡み合う様子が描かれていた。


文字だけでは解り難かった部分が補完され、BL知識が深まった。


BLを理解するなら、文字だけでは駄目だ。画も必要なんだ。


しかし──男同士で、これを・・・


うわぁ・・・実際にするとなると、かなり恥ずかしく、気分も悪くなりそうな行為の連続。


でも、読まず嫌いはしないと藤野くんに宣言した上、これらの感想と共に本を返さなくてはならないのだから、早く読み進めなくては。


男と男がと考えるからいけないのかもしれない。男と女に置き換えれば──うぷっ、やはり生々しさが強く残って、胸が重い。


コミックスの方はBL小説の図解本だ。文字では解り難かった部分も、こうして画で見ると一目瞭然だ。


そして心理描写は小説の方でより深く表されている。


ふむ、ふむふむ・・・男同士で体を交わす場合、ぼかしてはあるが、排泄器官を使用するのは確実のようだ。


凹に凸を埋める、これで同時に快楽を得られるのであれば、男女に限らず、男男も合理的な方法と言えそうだ。


関連記事
碧井 漪

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。