FC2ブログ

sazanamiの物語

恋愛小説を書いています。 創作表現上の理由から、18才未満の方は読まないで下さい。 恋愛小説R-18

縺曖 10

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村テーマ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)


伸長は図書準備室、通称・司書室へ続く白く塗られた木製ドアのノブを何とか捻って押した。


少し開いたドアを背中で押して通れるまでにすると、両手に提げた二つの紙袋を揺らしてぶつけない様にして運んだ。


司書室の中には先生の机と、作業用の長机とパイプ椅子。


図書室が見渡せる大きなガラス窓の下には棚があり、文房具が納められている。


先生の机の後ろの壁一面には、天井近くまでの大きなスチール製の扉付き収納があり、そこには僕ら生徒が触れる事のない書類が上段の観音開きの鍵付き棚に、下の引き戸の棚二段分には、先生の私物のコミックスや小説が入っている。


僕は長机の作業台の上に紙袋を置き、中身を取り出した。

一袋に六冊×三段の文庫本、計三十六冊、それが二袋だから、計七十二冊か・・・相当な量だ。


手に取って開いて見ると、帯付きのそのどれもが新品だと判った。


伸長が開いたページに鼻先を近付けると、印刷されたばかりの本の匂いが残っていた。


手垢も全く付いていないこれらの本は、誰にも開かれた事がない物だと判った。どれも新品。


二袋目を取り出して見ると、十八冊×二段のコミックスだった。同じく三十六冊。


藤野くんの従兄弟は小説を書くだけではなく、漫画も描けるのかな、と見ると、

『原作 塔野寵姫』とあり、漫画は別の人が書いているらしい・・・パラパラと中を捲ってみると、少女漫画によく見られる画・・・ではない、これは春画?!


パタン。


伸長はコミックスを閉じた。


男女の営みを画にした春画、それが漫画として書店で販売されている・・・事は知らない訳ではなかった。


青年コミック雑誌で目にした事があり、その時は違和感を感じなかったが、こんな・・・少女が好みそうな絵柄で、男女問わない性行為を描写した漫画の存在は知らなかった。


怖ろしい・・・伸長にとって、BL小説以上の衝撃だった。女性向けの性描写のある漫画の存在を知る事は。


世の中には、まだ僕の知らない事が沢山ある。


だからきっとBLも理解出来る日を迎えられるかもしれない。


まだわからないけれど、これを全部読んだらきっと、書いた人の気持ちに近付ける筈だと考える。


関連記事
碧井 漪

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。