FC2ブログ

sazanamiの物語

恋愛小説を書いています。 創作表現上の理由から、18才未満の方は読まないで下さい。 恋愛小説R-18

乙女ですって 登場人物 相関図

Posted by 碧井 漪 on   0 

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村 恋愛小説(純愛)
ブログランキングならblogram
blogramランキング参加中!





    相関図を作って貰いました。

    →は変化する為、付けられていません。

    相関図 乙女ですって
    ↑208KBです。

    ※人物・団体名は全て架空のものです。






    もう一人、出て来る予定です・・・名前は下だけ決まっています。


    こうして整理して改めて見ると、何だか恥ずかしいのは何でなんだろう?(//▽//;)A


    M.Mさんで作って貰おうかと考えているのですが、下書きは作者の担当の為、

    時間が取れず、もう少し先になりそうです。

    M.Mさんのは一番大変そう・・・6作に登場する強者ですから。大和より多いです。

    その血を引く兄妹・天然善良系兄Hと千慮策士系妹Yも書きたいです(けど停止中・・・T-T)。



    安藤隆人は「とてもかくても」の(その場限りのハズの)脇役でした。かっこいいと感じる名前を考えて付けました。

    その場限りだし・・・と考えていました。


    しかしそれを不憫に思ったジュエリーショップの娘、志歩理とは見た目が正反対の40歳のオトメ・綱さんこと綱島菜津子が、

    長年に渡る一途な片想いパワーで作者のココロを動かし、綱さん自身想定してないまま、ヒロインとなってしまいました。(隆人もM.Mの道を辿る?)


    横綱の綱、から綱島、そしてツナからナツ、菜津子にして、たまたま安藤だった為、結婚したら安藤菜津子になるなと偶発的な思い付きに運命を感じてしまいました。

    その為、菜津子をナッツとして、隆人のライバルを加集としました。加集菜津子(カシューナッツ)という訳で・・・(こちらの方がM.Mになって来た?)


    溪は男っぽい名前の美人がいいなと思って、雪渓をイメージして付けました。

    哲は鉄のように強い信念を持つ男としたかったのですが、やさしく賢くという事で哲学の哲。

    真琴は音楽をする人という設定で、琴という字を使用したかったので、真琴になりました。由佳も隆人と同じくヒロインにまでなるとは考えてませんでした(最初ヨシカ→ユカに変更までするとは・・・)

    きみちゃんは、作者の親戚にキミコさんという方がいらして響きがよいのでいつか・・・と公子と付けました。吉夜にハム子とからかわれて可哀相ですが、哲だけは昔からきみちゃんと変わらず呼んでくれるので、自分の名前を嫌いになれない公子です。

    恵は溪と逆で、男性だけど女性に間違われる名前で、ケイと読むならまだよかったのに、と思っていた人です。「百世不磨の心」の美優生もそうです。恩師(男)にミユキという人がいまして付けてしまいました。


    名前を付けるのは時間がかかります。ずっと使う名前ですから、好きになれないと使いません。登場名は、みんな好きな名前です。

    性別・年代を考えて付けていますが、登場人物が生まれた当時に人名使用出来る漢字かどうかまでは細かく調べていませんので、お詳しい方がご覧になられておかしいな?と思われましたらおしらせ下さい。



    まだまだ続く(長いですが・・・)この先の隆人と菜津子のお話は面白くなって行くと思いますので、もうしばらくお付き合い、そして応援よろしくお願い致しますm(_ _)m




    にほんブログ村 トラコミュ ブログで小説・イラストへ
    ブログで小説・イラスト






    関連記事
    碧井 漪

    Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    該当の記事は見つかりませんでした。