FC2ブログ

sazanamiの物語

恋愛小説を書いています。 創作表現上の理由から、18才未満の方は読まないで下さい。 恋愛小説R-18

縺曖 290

Posted by 碧井 漪 on  

僕が教室に着いたのは、お昼休み終了のチャイムが鳴る五分前だった。

すでにお昼ご飯を食べ終えたクラスメイト達は、思い思いのグループに分かれ、談笑中だった。

五限目は世界史、教室移動は無い為、みんなギリギリまで自分の席に戻ろうとしない。

縺曖 289

Posted by 碧井 漪 on  

ほっとしたのも束の間、僕は皇くんが辛そうにしている事に気付いた。

「皇くん、大丈夫・・・じゃないよね?」

「まあ・・・正直ツライ。」

それは僕も同じだった。

「帰ろう。」と言ったのは、自分の為というより皇くんの為だった。

自分一人なら我慢していただろう。けれど、目の前で辛そうにしている皇くんを一人放って置けなかった。

これ以上ここにいても仕方がない。

熱くてぼーっとする僕の頭の中は、どうやったら無事に皇くんを家まで送り届ける事が出来るかという事で一杯になった。

縺曖 288

Posted by 碧井 漪 on  

「ベッド・・・」と僕はもう一つのベッドを確かめるべく、自分の物ではなくなったような足を床につけて、カーテンをえいっと開けた。

すると、もう一つのベッドがあるにはあったが、布団はおろか、マットレスすらなく、ベッドとしては全く機能していなかった。

「ベッド、一つしかないの?」もしかして、僕が運ばれて来たせいで、それまで皇くんの寝ていたベッドを奪ってしまった?と背中に冷や汗を感じながら、恐る恐る皇くんに訊くと、

「そうみたいだね。」と返って来た。

先輩の好きにしていいですよ? -女子大生Mの恋愛事情- 13

Posted by 碧井 漪 on  

夢野は人間不信だった。家族は別として、人を見たら疑えと肝に銘じている。

人より恐ろしい生き物はいない。嘘、偽り、欺き、裏切り、善い事より悪い事の方を多く挙げられる自信があった。

だから今も親友と呼べる友人はいない為、他人に肩を貸すなんて事も無かった。

快人の事も放って置いても良かった。

しかし快人に助けられた事で、夢野の中に今まで感じた事の無かった不思議な気持ちが生まれた。その正体に興味があった。

────先輩は人が好過ぎる。いつも弱味をちらつかせて利用して来る人間を助けるなんて事、私なら絶対にしない。

夢野には分からなかった。どうして快人は身を挺し、歩道橋の階段から転落しそうになった夢野を助けたのか。

エレベーターを降りた夢野は、ビルの狭い廊下を、快人に肩を貸しながら進んだ。

「先輩って本当にバカですね。」

縺曖 287

Posted by 碧井 漪 on  

ベッドをぐるり囲むクリーム色のカーテンを見ると、強い日差しをやさしく通している事が分かった。

「今、何時?」僕は、制服姿で腕時計をしている皇くんに訊いた。

体育の授業中に倒れた僕は、ジャージ姿で腕時計も持っていなかった。

「今、午後一時前。」

もうそんな時間・・・という事は、今はお昼休みか。いつもならお弁当を食べた後、午後の授業開始まで図書室へ行っている頃。

そうそうない 284 2016年4月29日のこと(10)

Posted by 碧井 漪 on  

「うん・・・だけど───」

「だけど、何?」

この先をまだ知らない美和に"僕が教えてもいい"という許可を今、貰おうとして居る。

許可など貰わなくても、お互いの気持ちが通じ合った今なら、何を恐れる事もないとは思ってしまうけれど。

「もういい。今日はこれ位で十分。」

「今日は"十分"って、何が?」

美和の言って居る意味が分からなかった。"キスの先"が"十分"?

「欲しい物をいっぺんに全部貰ったら、明日のわくわくが無くなっちゃう。」

縺曖 286

Posted by 碧井 漪 on  

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

絶対に明かしてはならない。

保健室のベッドの上、手の下の掛布団をギュッと握り締めた時、「ゴホ、ゴホッ!」と咳込んだ皇くんが目を醒ました。

「伸長くん。」

続けて「大丈夫?」と言ったのは、僕も皇くんも同時だった。

見合わせた顔を「うん。」と綻ばせたのは皇くんが先だった。

その笑顔を見た途端、僕の気も緩み、ふうと息を吐いた。

縺曖 285

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村テーマ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)


クラクラして、グルグル目が回って、そして熱くて────

だけど・・・ひやり。

首筋と額に感じる冷たさに救われて、目を開くと、右胸の辺りに黒い影があった。

・・・・・・えっ?

ドクン、と心臓が大きく動く。

ドクンドクンドクンドクン、それは止まらず、どんどん速くなる。

いや、止まったら死んじゃうけれど、だけどこのままどんどん速くなっても息苦しくなって死んでしまうかもしれない。

そうそうない 282 2016年4月29日のこと(8)

Posted by 碧井 漪 on  

「元、泣いてるの?悲しい?」

「ううん。悲しくない。寂しくも無い。嬉しい、多分。」

「嬉しいの?」

「うん。美和とわーさんに出逢えて、嬉しい。」

美和とわーさん、僕が出逢ったのが二人じゃなくてはきっと、この気持ちを知る事は出来なかったから。

"そうそうない"気持ち。

多分、他の人はあまり味わえないんじゃないかって気持ち。

「良かったね、元。」

「そうだね・・・そうそうないと思わない?僕みたいな人生って。」

「みんなそうだよ。そうそうない人生を送ってる。」

先輩の好きにしていいですよ? -女子大生Mの恋愛事情- 12

Posted by 碧井 漪 on  

タクシーに乗る事五分で快人の家の前に着いた。

快人の家は駅近くの商店街の中にあった。一階は不動産屋の店舗が入る六階建ての築二十から三十年といったビル。

「これでお願いします。」と夢野は通学時使用しているバス定期の電子マネーを、タクシーの支払い機に翳した。

ピッピッピッと決済完了の電子音を確認した夢野は、快人がリュックからやっと取り出したばかりの財布を快人のリュックの中に押し込み、「行きますよ。」と快人を促した。

バタン、ドアが閉まるとすぐにタクシーは動き出した。

広くは無いバス通り、交通量はそこそこ。タクシーは長い時間停めて置けない。

「歩けますか?」

「大丈ぶっ・・・!」

いてて、と顰めた快人の顔を覗き込んで、夢野は溜め息を零した。

それを聞いた快人は、夢野が掴む手を解こうとした。

「いいよ、ほんとに平気だから。暗くなって来たし、松田は帰っていいから・・・って、あー・・・」

後悔したように言った快人に気付いた夢野が

「何か忘れ物ですか?」と訊いた。

もしかしてこれの事かな、と夢野は後ろに隠した紙袋を差し出そうか迷った。

しかし、違った。

「松田、さっきのタクシーにそのまま乗って帰ったら良かったんだよ。あーあ・・・」今度は快人が溜め息を吐いた。

「別に私は足を挫いてませんから、タクシー乗らなくても帰れますし。」

そうそうない 281 2016年4月29日のこと(7)

Posted by 碧井 漪 on  

キスマークを付けた後、零れそうな溜め息を我慢した。

「美和、痛かったでしょう?そんなにいいものじゃないよ。」

「そうでもない。」

そうでもない、だって?いつまで恋や愛に夢を見て居るのか。

そんなにいいものではないよ?

人を愛し愛する事は、綺麗な気持ちだけで続けては行けないんだ。

知ってる?悲しかったり悔しかったり寂しかったりするものでもあるんだよ。

愛って、触れると痛みを伴うんだよ。

そうそうない 280 2016年4月29日のこと(6)

Posted by 碧井 漪 on  

「い、いよ・・・」僕だけ美和に付けて置いて、美和が僕に付けるのを駄目と言うのは狡いだろう。

「それならどこに付けてもいいのか教えて。」

まさか、僕が美和にどこにキスマークを付けても良いのかを教える事になろうとは思わなかった。

「例えば、服に隠れる場所かな。胸とか背中とか。」

「胸とか背中・・・元はどっちがいい?」

「どっちって言われても、美和の好きな方で。」

「じゃあ・・・胸でもいい?」

その時気が付いた。美和が僕にキスマークを付ける必要は無い事に。

しかし、仕返しする気満々の美和は僕のパジャマのボタンを外した。

そうして僕一人が上半身を開(はだ)けて居るこの状況が、徐々に恥ずかしくなって来る。余計な事をしてしまったと反省しても遅い。

そうそうない 279 2016年4月29日のこと(5)

Posted by 碧井 漪 on  

「私も"わーさん"って呼ばれてた。だから、元が"わーさん"って呼ぶ度、反応しそうになっちゃって。」

「それで名前で呼べって言ったの?」

「それもある。だけど、一番の理由は・・・」

「一番の理由は何?」

「好きな人に、名前で呼ばれたいって思ってたから。初めて元に"美和"って呼ばれた時、嬉しくて、胸がキューッとなって、明日死んじゃっても悔いはないなって思っちゃった。」

「そんな事で死なれたら嫌だよ。それなら美和って呼ぶのやめようかな。」

「なんて呼ぶの?」

先輩の好きにしていいですよ? -女子大生Mの恋愛事情- 11

Posted by 碧井 漪 on  

「そんな、タクシーなんて、大丈夫ですよ。」

立ち上がろうとする快人の背中を、夢野がサッと支えた。

驚いた表情で夢野を見た次の瞬間、「つっ・・・!」快人は苦しそうに顔を歪めた。

「カイトくん!大丈夫?」野島が夢野とは反対側から、快人の体を支えた。

「あ、平気です・・・ほんとに大丈夫なので。」

微笑みながら野島を気遣う快人に少しムッとした夢野は、快人の腕を掴む手に力を籠めた。

「イテッ!」




そうそうない 278 2016年4月29日のこと(4)

Posted by 碧井 漪 on  

訊いてみようと思った時、丁度美和が居間に戻って来た。

「電気、消す?」

「いいや、まだ・・・」

布団の上に身を起こしながら言うと、美和は肩に提げたタオルで耳の辺りをゴシゴシしながら、隣の布団の上に膝を折った。

美和の後ろの髪の先からは、ポタポタしずくが垂れて居る。

僕は美和の後ろに回り、

「貸して。」とタオルに手を伸ばした。

そうそうない 277 2016年4月29日のこと(3)

Posted by 碧井 漪 on  

下げた食器を、シンクの中へ置き、その前に二人並んで立つと、美和がお皿を洗い、僕が泡を洗い流して水切り籠に入れた。

息はピッタリの僕らを見れば、志歩理や両親は"まるで夫婦みたい"などと言うかもしれない。

そう見えるならそれでいい、と特に嫌な気はしないけれど、でも・・・とも思う。これが正解で、これが僕らにとっての"しあわせ"とは限らないのではないかとも。

今まで感じて居た、美和が僕を"好き"と言ってくれた事へ対しての違和感の正体が、今少し分かったような気がした。

それはきっと多分、僕がわーさんをまだ好きで居る事だ。

僕が美和の立場だったら面白くないだろう。

そうそうない 276 2016年4月29日のこと(2)

Posted by 碧井 漪 on  

「きゃっ、元!」

びっくりした声を上げた美和の左手が、美和の前に回して居る僕の腕を掴んだ。

「会いたかった。」

「・・・私も、会いたかった。」そう言ってコンロの火を止め、お玉を置いた後、僕の腕の中で振り向いた美和は、僕を見上げながらもう一度「会いたかった。ずっと待ってた。おかえりなさい。」と言って、瞳を潤ませた。

駄目だよ、そんな顔を今の僕に見せたら。

そうそうない 275 2016年4月29日のこと(2)

Posted by 碧井 漪 on  

「元、疲れてるみたい。目の下に隈(くま)が出来てる。お布団敷いたよ?それともお腹空いた?ご飯も温めたらすぐに食べられるし、お風呂も沸かしたから。どうする?」

これって、若奥様の常套句『お風呂にします?ご飯にします?』というものなのか?

そんなの、一生言われる事はないと、いや、言われたくないとさえ思って居た。

なのに、実際聞いてみたらどうだ?

胸の奥がじんわり温かくなって、体の中を小気味良い痺れが走った。

でも、違うよ。

今の僕に必要なのは、ご飯でもお風呂でも布団でもなく────「美和、ちょっと。」

椅子に腰掛けたまま、僕は美和を手招きした。

そうそうない 274 2016年4月29日のこと(1)

Posted by 碧井 漪 on  

やっと来た、この日が。

待ちに待って居た大型連休初日。

子どもの頃でさえ、ここまで待ち望んでは居なかった。

それが────「やっと家に帰れる。」口に出した言葉に、内心"そうじゃないだろう?美和に会えるからだろう?"と突っ込み、恥ずかしさが込み上げた。

四月初めに志歩理が仕事復帰したのだから、もう僕はお役御免・・・の筈だった。

がしかし、新入社員達が落ち着くまで居て欲しいと、当初の予定より引き延ばされ、連休明け、僕はまた東京へ戻る事になって居る。

そうそうない 273 2016年4月3日のこと(13)

Posted by 碧井 漪 on  

「んー・・・でも混んでるみたいだからここで大丈夫。」

美和が"混んでる"と言うのは、駅周辺の駐車場の事だろう。

僕が"付いて行く"と言ったのは、本当は、ホームに"付いて行く"と言う意味じゃなかったから、

「分かった。」と引き下がったと思わせる言葉を吐いた。

「それじゃあね。」

助手席のシートベルトを外した美和は、胸の前で小さく手を振った。

「うん。」諦めたような声で、僕は返事をした。

これで、しばらく会えない。

寂しい。

そうそうない 272 2016年4月3日のこと(12)

Posted by 碧井 漪 on  

いや、妹一人で来るのならともかく、旦那と子ども達まで連れて来る事は無かったじゃないか、と思う。

母さんも、美和の事はまだ妹に話さないで居て欲しかった。

そして多分、僕の方の親戚達に広まるのはそうそう遠くない、と言うか、即日かもしれない。

「美和先生、さすがねぇ。子ども達に大人気!」と、子守りから解放された妹は、美和が三人の子ども達の相手をするのを、のんびりお茶を啜りながら眺めて居る。それもムカ付くポイントだ。

ああ、もう!こうなると分かって居たら、本当に志歩理の言った通り、ホテルでもどこでも泊まって、美和を実家から遠ざければ良かった・・・と後悔してしまう。

ごめん、美和。

だけど美和はこっちの話はお構いなしに、ただただ子ども達と一緒に無垢な笑顔を浮かべて楽しそうにして居た。

そうそうない 271 2016年4月3日のこと(11)

Posted by 碧井 漪 on  

好きになる運命だったのかもしれないと、今は思う。

未来にあった運命というものに引き寄せられて、今ここに僕が生きて居るのだとしたら、

わーさんと死に別れてしまう事も運命だったと言えばそうで、きっとこの先、僕と美和にも色々な運命とやらが訪れるに違いない。

それでも僕は、一人で辿る運命より、二人で辿る運命を選んでしまった。それは美和も同じ事。

僕と辿る運命を選ばせてしまった。

だからこそ、後悔はさせたくない。頑張ると言っても、具体的に何を頑張ればいいのか、僕はまだ分かって居ないが、とにかく、二人で毎日穏やかに楽しく過ごして行ければいいと願う。

特別な事は何もなくていいから、ただ二人、今まで通り、いつも通り、暮らして行きたい。

先輩の好きにしていいですよ? -女子大生Mの恋愛事情- 10

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村テーマ 恋愛小説(オリジナル)へ
恋愛小説(オリジナル)
↑一話へのリンクです


しかし快人の目は、そう簡単に開かなかった。ただ、呼吸はしている。

「救急車よびましょうか?」

スーツ姿の若い男性がスマートフォン片手に身を乗り出しながら訊いて来た。

確かに、このまま目を開かなかったらそうしなければならない。

「ちょっと待って下さい。」と言って、夢野は快人の瞼を指で押し広げた。

────早く目を開けてよ、先輩。

夢野の願い虚しく、快人は動かない。

「救急車、お願いします。」

夢野は階段の上に投げ出された快人の手を握りながら、スーツの男性を見上げ、頼んだ。

そうそうない 270 2016年4月3日のこと(10)

Posted by 碧井 漪 on  

「ほんとう?おじちゃんとけっこんするの?」

日葵は丸い目を更に丸くして美和に訊いた。

美和は困ったような顔をして僕の目を見た。

僕が黙って頷くと、美和は日葵に向き直り、

「うん。」と答えた。

その瞬間、まさかと思った僕だけど、心の中は明るくなり、甘酸っぱいと呼びたくなる感覚が全身に広がった。

返事をしたきり、僕を振り向かない美和の耳は赤く、それを見ただけで本気だと判断するのはおかしいだろうが、僕は僕以外の人に対して美和が結婚を肯定した事を嘘だと思えなくなった。

そうそうない 269 2016年4月3日のこと(9)

Posted by 碧井 漪 on  

鼻で息をするのも辛くなって来た様子の美和を、一刻も早く離さなくてはならないのは分かってるけれど、どうしよう、まだもう少し欲しくて。

「んっ・・・ん・・・」美和が鼻を鳴らす回数が増えて来ても、無視し続けて居たら、やがて嫌われてしまうかな。

でも、このままずっと離れたくないんだよ─────あの日のように、離れたら二度と会えなくなるかもしれないなんて考えたらもう・・・・・・「元。」

僕の頭の中に響いたのは、わーさんの声?でも今目の前には美和しか居ないから、美和の声に違いないけれど─────「大丈夫。」ポンポンと僕の背中を叩くのは、やはり美和だった。

「何が大丈夫なの?」

「・・・何だろうね。だけど大丈夫。」美和は僕の背中に回して居る腕に、きゅっと力を籠めた。

「僕は大丈夫じゃないよ。」離れたくない、と囁くと、

「私も、離れたくないよ?」と美和は、僕の見られたくない顔を覗き込む。

先輩の好きにしていいですよ? -女子大生Mの恋愛事情- 9

Posted by 碧井 漪 on  

夢野がギュッと目を閉じたすぐ後、何者かに強く掴まれた夢野の腕は、後ろへ引っ張られた。

───えっ・・・?

ドスン!

夢野の背中とお尻に硬い物がぶつかる痛みを覚えた。

ふわりと浮いた夢野の体が、階段下まで落ちて着地したにしては、滞空時間が短く、衝撃も軽かった。

それでも多少覚えた痛みに目を開いた夢野は、眼下に広がる光景に息を呑んだ。






そうそうない 268 2016年4月3日のこと(8)

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村恋愛小説(純愛)



ああ、安心する。僕は、やっと僕は、行き場の無くなった愛を向けられる人に出逢い、その人に受け止めて貰った愛を、別の愛にして返して貰えた。

わーさんを忘れるとか裏切るとか、そうじゃなかった。

忘れてもないし、裏切ってもない。

ただ僕の中にまた新たな愛が増えただけ。

それをきっと、わーさんなら喜んでくれると思う。

『よかったな、元』

そう言って、本当に嬉しそうに笑ってくれると思うんだ。

だって、そういう人だったから。

僕のしあわせを一番願ってくれて居る人。きっと今も天国から僕を見守って居てくれる。

自殺相談所 43 要所

Posted by 碧井 漪 on  

「今日も遅くなるの?」と訊く母親に

「今日は早いと思う。」と答えた。

家族がみんな出掛け、家に一人になった後、戸締まりをして出掛ける。

今まではほぼ家に居て一日を終えて居たから、外に出るというのは、自分にとっても、これまでの俺の暮らしを見守って居てくれた母にとっても、大きな一歩になった。

当たり前が当たり前に出来なくなった事を思い知らされた瞬間の衝撃は、未だに心の隅に残って居る。

忘れたくない訳ではない。忘れてはいけない事だと思う。

該当の記事は見つかりませんでした。