FC2ブログ

sazanamiの物語

恋愛小説を書いています。 創作表現上の理由から、18才未満の方は読まないで下さい。 恋愛小説R-18

縺曖 178

Posted by 碧井 漪 on  

ブログランキング・にほんブログ村へ


もしかしてあれかな?


テレビで見た事がある。福祉車両。座席が車外まで人を乗せたまま動いてくれるという、画期的な車。


車椅子を利用している人が一人でも乗り降りしやすく、また介助する人の負担も減らせるという───


「伸長くん、エレベーター来たよ?何してるの?早く乗って。」


「あ、ええと、先生達、待っていなくていいの?」

縺曖 176

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村テーマ オリジナル小説発表へ
オリジナル小説発表


伸長の服は濡れている。


ベージュの革張りシートは今見てもやはり高そうで、足元の絨毯もスニーカーに付いた泥で汚してしまい、それだけでも恐縮している伸長は、今すぐ乗り込んだのとは反対側のドアを開け、車から降りたくなってしまった。


その時、運転席から横顔を覗かせた賢一が、皇に声を掛けた。


「皇くん、タオル。助手席の後ろの収納ポケットに入ってるから、シートに敷いてあげて。」


暁と星 37 さよなら

Posted by 碧井 漪 on  

暁と星 37
にほんブログ村テーマ 恋愛小説(オリジナル)へ
恋愛小説(オリジナル)



その晩になっても、旺治郎は屋敷に戻って来なかった。


子猫のトイレを旺治郎の部屋から二階の星良の部屋へ移したのにも拘わらず、子猫は旺治郎の部屋へ戻りたがった。


星良は仕方なく、真夜中、自分の部屋から旺治郎の部屋へ子猫を連れて移動した。


旺治郎のお部屋───私のお部屋と違うのは、温度と湿度、それから匂い。


パタン。ドアを閉めると、星良は暖房を点けた。灯かりをベッドランプに切り替えると、


子猫は旺治郎の使っていたベッドに飛び乗り、布団の中へ潜り込んだ。


星良は自分の部屋に戻るか迷ったが、戻っても子猫の事が気になって眠れないだろうと、眠るつもりはないながらも、旺治郎のベッドへ潜り込んだ。

縺曖 175

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村テーマ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)

バシャバシャバシャ、前を行く皇とその後ろに付いて行く伸長、二人の足元で水飛沫が上がる。スニーカーもズボンの裾も雨に濡れ、色が濃くなって行った。


どこに行くのだろう?


伸長の疑問はすぐに解消された。


図書館の裏手にある優先駐車場に、伸長も見知った白のワゴン車が停められている。


皇が車に近付くと、ドアに触れてもいないのに、後部座席のドアがひとりでに動いた。

乙女ですって 202 (R-18) 最愛の人

Posted by 碧井 漪 on   6 


にほんブログ村 恋愛小説(純愛)


4月18日土曜日、菜津子は産婦人科へ行き、妊婦検診を受けた。


19週、胎児は順調に大きくなっている。


つわりで減った体重も戻り、お腹も少し膨らみ始めた。


元々太っている体型の為、妊娠五か月でも、菜津子のお腹は傍目には少し太った程度にしか思われなかった。


家族にも話そう、そう決意していたものの、生憎菜津子の父は忙しく、仕事で家を空けていた。


話すなら三人が揃ってから・・・言い出し難い話という事もあり、家族のまだ誰も菜津子の妊娠については知らずにいた。


今日の検診も買い物に行くと嘘を吐いて出て来た為、帰りにデパートの地下で母の好きな惣菜と祖母の好きな漬物、父にはコーヒー豆を急いで買って帰宅した。

縺曖 174

Posted by 碧井 漪 on  

ブログランキング・にほんブログ村へ


会いたかった、嫌われたくなかった、ずっと友達でいたかった。


勇田さんの言っていた『嫌いにならないで下さい』という言葉、言えるものなら僕も今、皇くんに向かって言いたかった。


でも・・・すでに嫌われて避けられている僕がそんな事を言ったら、皇くんは困るだろう。


他に僕が言える言葉を探しても頭の中は真っ白になって行くばかりで、何も言えないまま、時は過ぎ・・・


「この傘、伸長くんが持ってって。」


皇くんは傘を傾け、僕に柄の先を近付けた。

縺曖 172

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村テーマ オリジナル小説を紹介しよう!へ
オリジナル小説を紹介しよう!


「こ・・・うくん。」


唇が動かないのは、冷たくなったからだけじゃない。


震えてる。唇も目の下も、胸の奥の奥も。


僕を見つめる皇くんの目を見た時、ぎゅーって、心を掴まれて、熱いものが胸にも目にも込み上げて、嬉しくて、苦しくなった。


胸が苦しいのは多分、上手く呼吸が出来ないせいだ。


僕の心臓、どきん、どきんって、大きく速く動いてる。

縺曖 171

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ


ぽつり、ぽつり。


今度は僕の頬にしずくが落ちた。


顔と同時に手のひらを上に向けると、ザアッ、樹々の葉を揺らした風が、斜めから水の粒を僕にぶつける。


パラパラだったのが、バラバラとだんだん強くなる。


石畳の地面を見ると、丸い粒が重なり、どんどん色が濃くなって行った。


暁と星 36 どうしようもないって気持ち

Posted by 碧井 漪 on  

暁と星 36
にほんブログ村テーマ 恋愛小説(オリジナル)へ
恋愛小説(オリジナル)


並川さんがお財布を上着のポケットにしまうと、

「ではまた来週いらして下さいね。センセも星良ちゃんも。」歯科医院の受付カウンターを挟んで、リューさんが言った。


「えっ・・・?」


確か私は今日で治療終了では?とリューサンを見ると、にこりとして、


「星良ちゃんの方はセンセより早く治療が終わりそうよ。治療が終わったらクリーニングしましょう?」と言った。


並川さんは、「クリーニングなんて余計だ。治療だけでいい。」と言った。


乙女ですって 201 (R-18) 君の熱を感じてみたい

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村 恋愛小説(純愛)


春、四月中旬。


今こちらは桜の季節。


都心に暮らしていた間の桜の時期は三月の終わりだったから変な感じがする。


年度末は忙しく、毎年一人で花見をしようという気にもならなかった。


今は嫌と言う程、桜の散る様子を一日中ひたすら眺めているような仕事。


窓際の閑職。


忙しい時には憧れていたこんな生活、実際になってみたら無味無臭、自分は空気以下の存在になった。


味気ない毎日。会話を交わす相手は同僚だけ、それも仕事に関する事のみ。


テレビは元々あまり見ない。DVDを借りにわざわざ電車に乗るのも億劫で、インターネットも回線契約から始めなくてはならないから、後回しにしている。

縺曖 169

Posted by 碧井 漪 on  


にほんブログ村 BL小説


「あ・・・」


行ってしまった。


“どうか嫌いにならないで”って、それはどちらかと言うと、僕の台詞なのではないかと思ったけれど、勇田さんが先日の事で気分を害してないのが分かって少し安心した。


勇田さんは綺麗だし、いい子だって思った。


でも、それが僕を苦しくさせる。

縺曖 168

Posted by 碧井 漪 on  




それにしても、いくらカードを戻す為とは言え、悲鳴を上げる程苦手な僕と話しても勇田さんは大丈夫なのだろうか?


今日は皇くんも居ないし・・・司書室を見ると先生も席を外して、図書室には勇田さんと僕の二人きりだ。


「カードなら先生が戻してくれたそうです。だから大丈夫ですよ。」


伸長は、そう告げれば勇田がすぐに部活動に戻るだろうと思った。


しかし、勇田は「あの、先輩。」と、胸の辺りをぎゅっと握りながら、伸長の前に立ったまま口を開いた。


縺曖 167

Posted by 碧井 漪 on  

この本を借りていたのは男の子だと思い込んでいた。


それが女の子で、あんなに綺麗で、スタイル良くて、何より、皇くんの好きな人だったなんて。


好む本が同じでも、全然違う。


僕も勇田さんみたいにキラキラしてる人だったら、もっと皇くんに好かれただろうな・・・なんて、いけない。何だか嫌われてしまったのを外見のせいにしようとしてる。


僕の場合、外見だけではない。中身も駄目だからって分かってた筈なのに。

縺曖 166

Posted by 碧井 漪 on  

伸長は勇田が何かを言おうとした事に気付かず、「授業始まるから、急いで教室戻ろう。」そう言うと右手を軽く上げ、誰も居ない廊下をゆっくり走り出した。


パタパタパタ・・・


遠ざかる伸長の足音を聞きながら、勇田も自分の教室に戻って行った。



暁と星 35 あなたしか好きになれない

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村テーマ TL好き、ティーンズラブ好きvへ
TL好き、ティーンズラブ好きv



アイスクリームを食べ終えると、並川さんが窓辺に立ち、上着のポケットから取り出した携帯電話で、どこかに電話し始めた。


「うん、それじゃあ13時?分かった。」


誰かと13時に会う約束をしているよう。


携帯電話をポケットにしまった並川さんは、椅子に座ったままの私の前につかつかと歩いて来て、「午前の講義が終わったら一緒に出掛けますよ。」と言い出した。


「え?どちらに・・・」


並川さんは片手で頬を押さえながら、「歯医者。」と顔を顰めた。


それが可笑しくて、堪え切れず、少し笑ってしまうと、


「笑って居られるのも今の内ですよ。リューの治療は荒いから。」と並川さんは私を脅かした。


「リューさんの所へ行くのですか?」


歯医者さんと聞いてまさかと思ったけれど、本当にリューさんの所へ行く事になるなんて。


星良は思わずにこりとした。

縺曖 165

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村テーマ オリジナル小説発表へ
オリジナル小説発表


伸長が図書室の扉を手で押さえて開けたまま廊下へ出ると、勇田も付いて来て廊下に出た。


すらりと伸びた足に、紺色のハイソックス。スカートの丈は他の生徒より長めで、真面目な印象。


いつもはしっかり見ない他の人の顔も、目の前に立つ相手が皇の想い人だと思うと、伸長は彼女の顔を見ずには居られなくなった。


高い身長のわりに小さな頭。頭身が多い人だと思った。


顔は、鼻筋がスッと通り、目がくりっと大きく、彫りの深い顔。肌は小麦色で、髪は天然パーマなのか、かなり縮れていた。耳の下からそれぞれ短い三つ編みが出ていて、前髪はヘアピンで留めている。

乙女ですって 200 (R-18) いつか

Posted by 碧井 漪 on   10 

「彼の望みを叶えたいのでしたら、塩谷さんは必要以上の心配をなさらない事です。」


「必要以上の心配?」


「不安なお気持ちは分かります。私から一つ申し上げたいのは、先に立つ不安より、彼を信じて共に歩むお気持ちを強くなさった方がよろしいと思います。私は、それが出来ませんでしたので、今になって後悔しています」


私にこんな事を言う資格は無かったかもしれません。


でも、塩谷さんには後悔して欲しくありません。


どうかおしあわせになって下さい。


「綱島さん・・・でも、この結婚は、両親と弟夫婦に反対されるかも───」


「反対されたら、離縁なさいますか?」


「いいえ!」


「では、素敵な指輪を選びましょう。」

縺曖 164

Posted by 碧井 漪 on  

にほんブログ村テーマ 小説書いてる人~全員集合!!へ
小説書いてる人~全員集合!!


カターン、バラバラバラ・・・


貸し出された本のカードが床の上に散らばった。


枚数は多くないが、学年別に分類されていたので、集めて仕分けする手間が発生した。


「す、すみません!」


勇田は慌ててカードを広い集めようとするが、貸し出しカードは隙間なく床にくっついて、中々思うように拾えない。

sazanamiの物語 総合目次

Posted by 碧井 漪 on  

恋愛小説(R-18) sazanamiの物語 総合目次



にほんブログ村 恋愛小説(純愛)

長編小説ランキング





    【完結作品・目次】



    雪の香バナー

    雪の香 (R-18) 目次



    2012.2.8~2012.8.13まで連載 全158話(限定公開)



    あらすじ


    大学四年生の各務(かがみ)孝太は三か月前に病気で母を亡くして父と二人暮らし。

    クリスマス・イブの夜、美人の恋人とは過ごせず、一人寂しくアパートに帰ると、見知らぬ女が部屋の前に立っていた。

    大学・アパート・病院で、めぐり逢わせられた運命を感じるストーリー


    2013.9.15~2013.10.1まで番外編連載 全14話 = 2014.10.9 雪の香 番外編 改稿版(ムーンライトノベルズ・短編に掲載)

    2014.10.9 雪の香 番外編 改稿ブログ版 挿絵付


    各務 孝太/篠崎 繭香/武岡 宗/滝沢 さゆり/森林 健一郎






    しずくバナー

    しずく (R-18) 目次



    2012.8.14~2014.5.11 連載 全80話 (雪の香 派生編) (限定公開)


    あらすじ


    大学一年生の一木しずくは、十年以上空手道場の先輩である武岡宗(そう)に片想いをしている。

    宗の恋人・滝沢さゆり、宗の弟・武岡大(まさる)を巻き込んで、ドタバタな四角関係に陥るが、宗だけが気付かない。

    大学・自宅で、恋人から家族への想いとなって行くストーリー


    (雪の香から派生した第一部1~59話、それから六年後が第二部60~80話になります)


    一木 しずく/武岡 大/武岡 宗/滝沢 さゆり






    もっと、すきに、させて バナー

    もっと、すきに、させて (R-18) 目次



    2012.11.21~2013.1.21 連載 全57話(改稿前版・挿絵付・限定公開) あとがきのみ公開中

    2014.6.1~2014.7.25  改稿版 ムーンライトノベルズで連載

    2014.6.15~2014.7.27  改稿版 ブログにて8話ずつ全7回公開中

    もっと、すきに、させて (R-18) 改稿版 目次




    あらすじ


    大学三年生の持田文(ふみ)は、恋人に浮気されて別れたその日、冴えない風貌の大学職員・桜志麻馨(きょう)に出逢う。

    恋人は抱かない主義という馨には、過去に負った傷から女を愛せなくなっていた。

    大学・お屋敷・別荘で、それぞれの想いが見えるようになってくるストーリー


    ムーンライトノベルズ「もっと、すきに、させて (改稿版) 全57話」


    持田 文/桜志麻 馨/来葉 好実/柳瀬 明徳(あきやす)






    恋願わくは横長バナー

    恋願わくは (R-18) 目次



    2013.1.24~2013.6.5(おまけ表公開2013.6.11) 現在改稿前原稿は限定公開

    2014.5.25~2014.8.29 改稿版ムーンライトノベルズ おまけ含む全103話

    2014.6.17~2014.8.31 改稿版10話ずつブログ公開 全11回

    恋願わくは (R-18) 改稿版



    あらすじ


    入社一年目のOL、21歳の大島空は、6つ上のイケメン社員・高橋大和に想いを寄せている。

    ところが社員旅行でお近付きになってしまったのは、大和と同い年の地味なブサメン社員・三宅正だった。

    社員寮・商店街・オフィスで、ワケありの人達の恋が展開して行くストーリー


    ムーンライトノベルズ「恋願わくは 改稿版 全103話」


    大島 空/三宅 正/高橋 大和/内藤 佳奈/鈴木 伸日湖(ノブちゃん)/松田 瑞樹/ヨシ/アツシ/美香/御蔵 松実






    夜の天気雨 バナー

    夜の天気雨 (R-18) 目次



    2013.6.7~2013.9.3 連載 全55話 (R-18)


    あらすじ


    愛せる人を失ってただなんとなく暮らす28歳の高橋大和はある日、親の勧めで見合いをした。

    相手は大企業の社長令嬢で同い年の春野たんぽぽ、見た目も中身も大和の想像を超える程、変わった女。

    会社・社員寮・ボロ家でデコボコな二人が欠けたピースを補い合うストーリー


    高橋 大和/春野 たんぽぽ/松田 瑞樹/盛田 鈴花/早川 吉裕(ヨシさん)



    夜の天気雨 番外編(R-18) 



    夜の天気雨 番外編 全12話  2013.12.6~2013.12.25 連載



    comicoチャレンジノベル「夜の天気雨」(改稿・Rカット版)







    試し愛・騙し愛 (R-18) 目次



    試し愛 2013.4.30~2013.10.20 連載 全77話 (限定公開)comicoにて一部公開中

    騙し愛 2013.10.11~2013.10.26 表公開連載 全8話 (限定公開)



    あらすじ


    (試し愛)
    大学一年生の花村姫麗は付き合って三か月の恋人にふられ、見返す手伝いをすると声を掛けて来た謎の男・セイと謎の美女・サツキと出逢う。

    映画を撮るからというセイに姫麗はサツキの為だからと、王子様のような梧朗の相手役を引き受けさせられた。

    梧朗と恋人同士になれとセイに突き付けられてしまうが、姫麗は謎の美女・サツキの事が好きだと気付いてしまっていた。

    大学・マンション・別荘で、特異な体質に因って想いが交錯・翻弄させられる三人のストーリー


    (騙し愛)

    セイと梧朗の出逢った頃の話+試し愛最終話の後の話



    (試し愛)花村 姫麗/潮田 晴之輔(セイ)/五月 梧朗/五月 陽芽野(ひめの)/松田 瑞樹

    comicoチャレンジノベル「夜の天気雨」(改稿・Rカット版)特別編にて「試し愛 5話分」公開中






    夜の天気雨×試し愛=それから、愛してる×(R18)=それから、ずっと、愛してる・・・覚書








    それから、愛してる バナー

    それから、愛してる (R-15) 目次



    2013.10.17~2013.12.21 連載 全44話


    あらすじ

    男が苦手な女子高生・五月陽芽野17歳と女が好きではない会社員・松田瑞樹28歳はどういう縁なのか、頻繁に出くわしてしまう。

    陽芽野は瑞樹が怖くなく、会う度に惹かれて行くが、それを受け入れられない事情のある瑞樹は陽芽野を突き放す。

    学校・会社・アパート・老人ホームで、どうしても進んでしまう君と僕のストーリー

    小説家になろう「それから、愛してる 全44話」

    comico ノベル 「それから、愛してる」

    五月 陽芽野/松田 瑞樹/高橋 大和/五月 梧朗







    それから、ずっと、愛してる (R-18) 目次



    2014.1.1~2014.6.10 連載 全106話


    あらすじ


    陽芽野と瑞樹が付き合い始めて、想いが深まる中、二人の過去が二人の仲を思うように運ばせない。

    陽芽野の過去、瑞樹の生い立ち、二人で乗り越えなくてはならない事が次々と起こってしまう。

    大学・会社・マンション・老人ホーム・教習所・他で、紆余曲折を経て辿り着いた愛を見つけるストーリー


    ムーンライトノベルズ「それから、ずっと、愛してる」 全106話

    comico ノベル 「それから、ずっと、愛してる」(R弱化-改稿版)


    五月 陽芽野/松田 瑞樹/高橋 大和/高橋 たんぽぽ/橋本 恵理子/吉岡 稜光(たかみ)/五月 梧朗/花村 姫麗/セイ







    それでも、アイシテル (R-18) 目次



    2014.9.2~2014.10.14 連載 全10話

    (2014.8.13~2014.9.7までエロひいきM.Mさん編で8話まで限定先行)

    ムーンライトノベルズ 「それでも、アイシテル」


    あらすじ


    「それから、愛してる」「それから、ずっと、愛してる」の番外編。

    37歳の陽芽野と48歳の瑞樹の倦怠期に乱れたホルモンバランスが影響して「相違相恋」にも続くかもしれない事態に。

    自宅で、キミがとろとろになるストーリー



    松田 瑞樹/陽芽野/光樹(ひろき)





    SとS バナー2

    SとS(BL) 目次



    2014.11.23~2015.11.18 連載全34話完結

    2015.12.10 あとがき+人物家系図

    2016.2.13~2015.2.15 番外編全3話完結

    2016.4.14~2016.9.3  番外編全3話(5回)完結


    「試し愛」「騙し愛」二世のBL


    ムーンライトノベルズ「SとS(BL)」 2015.2.18~2016.9.17(全34話+番外編6話(8回))


    comicoチャレンジノベル「SとS(BL)」


    五月 瞬太朗/潮田 晴之輔(セイ監督)/五月 梧朗/姫麗/松田光樹






    とてもかくても (R-18・エロス系) 目次



    2014.5.27~2014.11.1 連載 全39話


    あらすじ


    会社員・虎越泰道(とらこしやすみち)は仕事でミスをしてしまい、取引先の社長秘書で愛人と噂される神無志歩理(かんなしほり)に躰で払うよう要求される。

    それから志歩理と付き合うようになって半年後、泰道は志歩理に結婚を申し込むが断られる。

    破局した後、泰道は美那と結婚をして六年後、会社の創立記念パーティーで志歩理と再会する。

    会社・マンション・自宅で、本当に欲しい愛としあわせとは何かを考えるストーリー


    神無(畠山) 志歩理/虎越 泰道/木村 元啓(もとひろ)/虎越 美那/安藤 隆人






    オンナダカラ オトコダカラ (R-18) 目次



    2014.5.3~2014.7.11 連載 全22話


    あらすじ


    ヌードモデルの森谷玉果(もりやきよか)は裸婦画家で高校の美術非常勤講師の小野寺一梢(おのでらかずたか)に密かな想いを寄せる。

    ある日告白をするが、一梢には事情があり、玉果の想いは打ち砕かれてしまう。

    アトリエで、恋と愛と人生を探すストーリー


    ムーンライトノベルズ「オンナダカラ オトコダカラ 全22話」

    pixiv 「オンナダカラ オトコダカラ」(R-18)


    森谷 玉果(きよか)/小野寺 一梢(かずたか)/岩本 淑子(としこ)







    星の中の1つ (R-18) 目次



    エロひいき 江口波音著(限定先行) 2013.11.7~2014.1.8 全19話

    2013.12.4~2014.1.10 公開連載 全16話

    2014.5.16~2014.5.24 ムーンライトノベルズに公開 全20話


    あらすじ


    沼田真実(ぬまたまみ)はデパートのテナントに入るアパレル会社のパート社員で、ある夜、残業中の社員・副店長の東戸愛杜(ひがしとまなと)を誘って試着室で淫らな行為をする。

    その後プロポーズして来た愛杜を信じられずに断った真実は、日に日に後悔し始める。


    試着室・オフィス・マンション・ホテルで、淫らに乱れるストーリー

    ムーンライトノベルズ「星の中の1つ 全20話」=ブログ16話分


    沼田 真実(まみ)/東戸 愛杜(まなと)/関塚 律子/喜多チーフ







    【完結作品 目次なし】






    水晶の雨 (R-18)



    2012.8.28~2013.2.16 連載 全三話

    オフィスで、閉じ込められた男女が謎の支配者に指示された薬を摂取させられ乱れるストーリー



    鴇 みのり/山田 頼人






    エロnami短編 (R-18)




    エロnamiの妄想ラブストーリー

    2013.4.22~4.24 ブログジャック・エロnamiの物語 サイゴのえっち 全三話

    2013.7.31 始まらない恋と終わらない体





    しゅわっとシたい(R-18) 目次



    2015.4.18~2015.8.17 表公開

    ムーンライトノベルズ短編(エロnami名にて公開)「しゅわっとシたい」一頁






    短編








    静穏の切れ端



    2014.12.22~2014.12.27 連載 全三話


    男女それぞれの部屋で、正しい答え・選ぶ道とは何かを模索するストーリー






    バッドエンド&ハッピーリスタート








    誰の胸も痛めない言葉が好ましい



    comico改稿版





    本当は甘いのが好きなんだ(BLでゴザイマス)



    2014.2.14~2014.2.21 連載 全三話 (限定公開)

    comico ノベル 「本当は甘いのが好きなんだ(BLでゴザイマス)+死んでもアイシテル」改稿版

    「騙し愛」の二人のBL(バレンタイン特別編)


    セイ/サツキ






    百世不磨の心 (R-18)



    ムーンライトノベルズ先行連載 2014.9.3~2016.11.9(全115話)完結

    2014.11.8~2016.11.8 1~20話まで4話ずつ・21話から1話ずつ(全100話=115話)完結


    ムーンライトノベルズ「百世不磨の心」



    萩原 琥珀/青木 金矢/青木 銀矢/杜野 千里/宮澤 千里(ちさと)






    銀と千のバレンタイン (R-18)




    「百世不磨の心」番外編

    2015.2.13~2017.2.17 全7話・完結


    comicoチャレンジノベル「銀と千のバレンタイン」(改稿版)

    comicoチャレンジマンガ「銀と千のバレンタイン」1話


    青木 銀矢/杜野 千里/宮澤 千里(ちさと)







    銀と千の心 (R-18)



    「百世不磨の心」番外編


    2016.12.11~2017.8.8 全37話・完結


    青木 銀矢/千里/聖矢/寿矢(ひさや)






    【連載中&不定期連載中 目次なし】



    乙女ですって (R-18)



    2014.11.2 プロローグ

    2014.11.3~ 連載中 (とてもかくても 派生編)


    あらすじ


    綱島菜津子は同じ会社の部長・安藤隆人に12年片想いしている。

    ある日、隆人が菜津子の実家のジュエリーショップで婚約指輪を購入した。

    隆人の恋人・志歩理にプロポーズする当日、隆人が心配な菜津子は隆人の様子をこっそり窺いにホテルのバーに行くと・・・


    40歳ポチャ目系乙女と43歳変態系部長の恋愛物語



    綱島 菜津子/安藤 隆人/加集 敦也/綿雪 溪/西尾 由佳/畠山 志歩理/虎越 泰道





    100話からの恋物語



    積み重なって解けるとき



    2015.6.3~

    ☆乙女ですって(溪編)

    片想いを経て好きな人と結ばれた姉と長年幼馴染みに秘めた想いを打ち明けられない弟の恋物語


    綿雪 溪/加集 敦也/綿雪 哲/佐藤 公子/風 吉夜/綱島 菜津子/寺沢 恵


    **********

    風邪みたいに移して



    2015.5.30~

    ☆乙女ですって(公子編)

    幼馴染みの三人の恋物語


    佐藤 公子/綿雪 哲/風 吉夜/綿雪 溪/加集 敦也

    **********

    雨のち晴れた日に



    2015.8.22~

    ☆乙女ですって(真琴編)

    年の差17歳の純情恋物語


    原元 真琴/西尾 由佳/綿雪 溪/飯田 虎太郎(クラブオーナー・同級生)

    **********

    近男 -Kindan- (R-18) 目次



    2016.2.4~2016.8.18 連載(限定)104話

    2016.8.20 あとがき

    mecuru「近男 -Kindan-改稿版」公開中

    ☆乙女ですって(塩谷さん編)

    年の差12歳の伯母と甥のエロ込み結婚観対決物語


    塩谷 輝美/塩谷 流星/塩谷 正輝/塩谷 秋子






    暁と星 (R-18)



    2014.2.5~ 連載中

    貧しい女子高生が傾いた元お金持ちのお屋敷でお金持ちの結婚相手を探す途中で、謎の執事を好きになってしまう

    古いお屋敷で、謎の弁護士に謎の薬を謎の執事に使用して実験をするように強要される女の子の話・・・ではないのですが(休載後・改稿予定の為限定化)


    富山 星良(とみやま せいら)/御茶畑 旺治郎(おちゃばたけ おうじろう)/並川 裕司(なみかわ ゆうじ)/竜子 初音(たつこ はつね・リュー)/蔵持 励(くらもち れい)







    縺曖



    2016.8.10~ 連載中





    馮離



    2016.9.21~ 連載中

    一気に読みたい方はこちらから



    馮離 A面



    2016.10.16~ 朝臣編(過去~現在)



    馮離 B面



    2016.9.21~ 賢一編(BL・現在)






    自殺相談所(R-15)



    2015.8.31~月一回連載中

    小説家になろう 「自殺相談所」














    【休載中&限定公開】





    相違相恋



    2014.4.9 sazanamiのブログ・告げ書き「相違相恋」をもとに

    2014.5.25~ 休載中



    高校生の恋愛模様・他作品の二世達登場作品


    千谷 廉(ちや すなお)/伊藤 希(のぞみ)/松田 光樹(ひろき)/各務 茉莉香/高橋 こうめ/小椋 桃




    忘れられない日 (R-15)



    2014.8.13 sazanamiのブログ・告げ書き「忘れられない日」をもとに

    2014.9.7 移行1話

    2014.9.9 2話~

    休載中


    「相違相恋」のクラスメイトのR15シリーズ



    楮木 満久(かじき みく)/貝塚 満久(かいづか みつひさ)







    そんなにアイシテル?



    2014.10.19 エロひいき限定公開

    2014.11.5~ 公開連載(続き未定)

    「相違相恋」作中で登場するアニメの話


    櫻 梨々花(さくら りりか)/風丘 春季(かぜおか はるき) 







    甘くなくてメンドクサイ



    2014.6.9~ 休載中


    街のケーキ店に勤務して、パティシエールを目指す女性と・・・これから登場する男性の話





    告げ書き



    2013.11.13~2014.8.27 sazanamiのブログにて連載→FC2ブログに移行完了2015.4.1

    移行作品他、書き下ろし連載中


    一話の散文集






    僕の好きな人にはバナー

    僕の好きな人には (R-18)



    2012.8.18~ 休載中

    昔からいじめに遭っていた高三男子の幾地梨音は、自殺しようとしている時に隣家の女性が殺されかけているのを発見して助ける。



    幾地 梨音(いくち りおん)/藤井 由比(ゆい)/園田 かすみ/弓河 歩夢(ゆみかわ あゆむ)/恵梨沙(えりさ)/園田 隆俊






    「みかん」のまま (R-18)



    2013.9.17~ 限定連載


    妊活・シングル・生殖医療テーマにより、連載当初より限定作品(休載中・完結未定作品)






    さざなみのものがたり



    2013.11.6~ 不定期連載?


    ワケあって限定公開化作品・公開しても読者様が引くだけのお話(ib)


    笹井並人(s)・江口波音(e)・蔦西愛子(i)の虚構話(フィクション)






    夢の影



    sazanamiのブログにて2012.2.22~2013.10.16まで連載 全88話(アメーバブログ退会・現在非公開)

    タイプの違う双子の女子高校生の恋愛と成長物語


    星名 咲/星名 牧/成田 雅斗/葉山 圭輔/月本 広海



    にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
    にほんブログ村

    全作品の著作権はsazanami ibにあります。無断転載は禁止しています。

    縺曖 163

    Posted by 碧井 漪 on  

    にほんブログ村テーマ オリジナル小説を紹介しよう!へ
    オリジナル小説を紹介しよう!



    諦めた筈なのに、心のどこかでは期待している。


    この図書室の扉を開けたら、皇くんが居るのではないかって。


    昼休みに入ってから二十分過ぎて、僕は図書室の前に立った。


    チャイムが鳴って、三十分ある昼休み、十分少々でお弁当を食べ、五限目が体育以外の日は、いつもすぐ図書室へ向かっていた。


    それが今日は、お弁当を食べながらここへ来るか迷い、食べ終えた後も足が進まなかった。


    まだ放課後があるじゃないか、と僕は今、図書室に皇くんが来ていなかったとしても落ち込まないでいようと気を張り、えいっと扉を開いた。

    縺曖 162

    Posted by 碧井 漪 on  

    僕の家族も本を読むのは好きだけれど、手当たり次第という訳ではないと言うのも知っている。


    僕は家族の読んだ本に興味があるけれど、家族は僕の読んだ本に興味はないらしい。


    その話を姉とした時、

    『普通はそうでしょ。年齢も性別も嗜好も違うんだから、人の読んだ本にそこまで興味が湧かないわよ。それが、自分も気になるジャンルの本だったら読むけど、まったく関係ない、役に立たなそうな本だったら時間の無駄と思って読まないわ』と言われ、

    本を読むのに時間の無駄と言われ、そう言われた本達の気持ちを思うと、悲しくなった。


    本の気持ちを考えるなんて言ったら、姉は『気色悪い。頭大丈夫?』と言いそうだから黙ってたけれど。


    どんな本でも役に立たないなんて事はない。人と同じ。

    銀と千の心 37 (最終話)

    Posted by 碧井 漪 on  

    四月中旬、千里は産後一か月、千里は双子の赤ちゃんと共に一か月健診の日を迎えた。


    母子共に健康で、慌ただしい毎日には違いないが、青木家の皆はしあわせに過ごしていた。


    自然分娩で産まれた双子は、女の子だった。


    名前は、”ゆい”と”めい”。


    銀矢が付けた。


    二人の名前の最初の文字を取ると、”ゆめ”となる。


    最初は二人、似ていない名前をと考えていた銀矢だったが、名前を違うものにしたからと言って、双子である事には変わりなく、共通項が無ければ家族らしくもないと、”ゆい”と”めい”に落ち着いた。


    何より呼びやすい事、そして当て字のような漢字を使わず、敢えてひらがなにした。


    沢山の子ども達の名前を見て来た銀矢ならではの考えに、千里も頷いた。


    「ゆめ・・・二人はどんな夢を見ているのかしら?」


    「さあ・・・まだ何も見ていないんじゃないか?それでいいよ。今の内、のんびりのんびり。」


    「ふふ・・・そう言って、パパは二人の将来の姿を想像するのが怖いんじゃないの?大人になって、いつか誰かの所へお嫁に行ってしまうって。」


    「別に俺は。全員この家を出てったって構わない。」


    「まーた、そんな事言って。」


    「千里が居るし。」


    「私が先に死んじゃったらどうするのよ。」


    「俺も死ぬ。」


    「もーっ!それは駄目だって言ってるでしょっ!」


    「別に・・・千里が先に死んだら、俺が死ぬの駄目って止める人間居ないし。」

    暁と星 34 知らなかった事

    Posted by 碧井 漪 on  

    暁と星 改稿版 窓
    にほんブログ村テーマ 創作倶楽部へ
    創作倶楽部



    星良に旺治郎の行き先を訊かれた並川は、僅かに口の端を上げ、表情を緩めた。


    一度冷たい態度と口調になったのは星良を突き放す為だったのか、星良が旺治郎の行き先を訊ねた途端、一変して再び丁寧な口調で言った。


    「知ってどうするのですか?そこに居ると教えたら星良さんは旺治郎を追いかけて行くのですか?その後はどうなさいますか?」


    「その後って・・・」


    「元々彼はひと月だけここに居て貰う約束でした。星良さんの縁談を調える為に、このお屋敷に来て貰っていました。」


    「ひと月?でも、私がここに連れて来られてひと月はまだ・・・経っていません。」


    縺曖 161

    Posted by 碧井 漪 on  

    5月12日木曜日。


    普段より二つ後の電車に乗った伸長は、学生で一杯の駅から高校への道を、他の生徒と付かず離れず歩いていた。


    皇くんに電話出来なかった。今日、図書室へ来てくれるかな。


    でも、何を話したらいいのだろう。


    先生の本も結局まだ読み切れていない。いつもだったらとっくに読み終わっているのに、目でなぞった言葉の意味が頭の中に入って来ない。

    乙女ですって 199 (R-18) 遂げられなかった想い

    Posted by 碧井 漪 on  


    にほんブログ村 恋愛小説(純愛)



    「夫・・・!」思わず発した溪は、慌てて両手で口を塞いだ。


    「ち、違います違います。甥です・・・けど・・・」塩谷は否定した後、帽子とマスクを取りながら「大事な人です」と、三人の前ではっきり言った。


    しかし、"甥"で"夫"?で"大事な人"と言われれば、誰でも困惑する。


    「・・・・・・」敢えてなのか、何も言葉を発さない三人に向かって男性が補足した。


    「ええと、俺は塩谷流星って言って、輝美の弟と結婚した女の連れ子なので、甥とは言っても血は繋がってないです。今はこの下の社員食堂の契約社員で、ゆうべ輝美が足を挫いて歩けないので負ぶって会社に来ました。それと正式な入籍はまだなんですが、輝美と結婚する話が、ゆうべ纏まりました。」


    「え、えーっ?!」

    暁と星 改稿版 3 (23~33話) ※R-18

    Posted by 碧井 漪 on  

    暁と星 改稿版 ねこ
    にほんブログ村テーマ ブログで小説・イラストへ
    ブログで小説・イラスト



    キッチンの床の上に正座した星良の膝の上から体を起こした励の唇は、星良の唇を捉えている。


    その光景を帰宅した旺治郎は呆然と見ていた。


    そこへ、先程出て行った並川が戻って来ると、並川は旺治郎の背後から近付き、ガサッと大きな音を立てて、旺治郎の足元に落ちている"ローズ"のショッピングバッグを拾い上げながら、 「励さん、星良さん、どういった意味でのキスですか?」と二人に視線を向け、旺治郎の隣に並んで立った。


    並川は横目でちらりと旺治郎のその表情を確かめた。

    暁と星 改稿版 2 (12~22話) ※R-18

    Posted by 碧井 漪 on  

    暁と星 改稿版 階段
    にほんブログ村テーマ イラスト(イラストレーション、挿絵)へ
    イラスト(イラストレーション、挿絵)



    「旺治郎の紅茶が好きです!そして、励さんのその身なり、話し方、それからタバコと香水の匂いも嫌いです!」


    「星良さま。」旺治郎の冷静な声が耳に届いた。


    「星良、まるで、その執事に恋しちゃったみたいだね。だけど所詮(しょせん)執事でしょ? 星良と結婚は出来ないし、使用人が主人を好きになるのはタブーだからね。それに、星の姫は本物の王子と結婚しないとね。名前だけ王子の執事は早く出て行ってよ。」


    「祖父が不在の今、この家の当主は私です。早く出て行くのは励さんの方です。この本もロイさんにお返し下さい。人を侮辱する励さんとは二度とお会いしたくありません。さようなら、お気を付けて。」


    「侮辱しているのは星良だよね。身なりと話し方は、星良も人の事は言えないレベルだと思うし、タバコと香水に関しては個人的な嗜好で、やめろと言われたらやめてもいい。たとえば星良の好むその紅茶をやめるなら、俺もタバコやめるよ。ね? そしたら俺と付き合って、いずれこの家に婿として迎えて貰って、賓海家も安泰でメデタシメデタシな訳だ。」


    星良は励に、そんな提案を突きつけられ戸惑った。


    ここで「いいえ」と突っぱねたい。


    ちらりと並川さんを見ると、考え込んでいるのか、背を向けている。


    旺治郎を見ると、ワゴンの上の茶器をぼんやりと眺めていた。


    むっかぁあああ!


    「投げ出していいですか?」


    「はあっ?」ソファーに脚を組んでふんぞり返るように座っていた励が、立っている星良をまじまじと見上げた。


    「私、この家の当主になんてなりません。母を人質に取られ、連れて来られて仕方なくこんな恰好でお見合いをさせられただけで、本当はお嬢様でも何でもないし、結婚する気もありません。この家がどうなっても私には関係ないし、お金だったら働いてどうとでもします!」


    「星良の言っている意味が良く解らないんだけど。」


    「はーい、はいはいはい。蔵持さん、この辺でお引き取り下さい。お見合いは"なし"という事で、ここで聞かれたお話は他言なさらないで下さいね。」


    突然、並川さんが捲し立てた。

    暁と星 改稿版 1 (1~11話) ※R-18

    Posted by 碧井 漪 on  


    暁と星 改稿版1
    にほんブログ村テーマ 恋愛小説(オリジナル)へ
    恋愛小説(オリジナル)



    私が相続するのは間違っているのではないかと思った。


    祖父はいわゆる資産家の、由緒ある家の厳格な当主だったらしい。


    会社も財産の管理もすべて代理人に任せ、現在病気で入院中と、目の前の男が言っている。


    その『おじいちゃん』に、私は会った事はないし、今日までその存在すら知らなかった。


    私の祖母、母の母は病気で他界した。


    その娘である母は、私の父と恋に落ち、結婚を反対する祖父に黙って家を出た。


    それらが、この目の前の男に突然今、告げられた。


    17歳11ヶ月の私より多分年上。

    銀と千の心 36

    Posted by 碧井 漪 on  

    にほんブログ村テーマ 子育てを楽しもう♪へ
    子育てを楽しもう♪


    年が明け、二月、琥珀が男の子を出産した。


    名前は『新矢』。新しい時代を真っ直ぐ突き進む人になって欲しいと願って付けた。


    三月、次は千里の番だった。


    三度目の妊娠・出産だから、慣れていて怖くない───という事はない。


    初めての双子出産、そして寿矢の出産時にお世話になった産院では、双子出産時は帝王切開になるという事で、自然分娩を希望するならと別の病院を紹介されて・・・


    聖矢の時も初めてで怖かったけれど、色々な事を知らない分、怖さは昔の方が今より少なかった気がした。

    該当の記事は見つかりませんでした。