FC2ブログ

sazanamiの物語

恋愛小説を書いています。 創作表現上の理由から、18才未満の方は読まないで下さい。 恋愛小説R-18

忘れられない日 2 【「相違相恋」 派生】

Posted by 碧井 漪 on   6 

忘れられない日2




今日は大雨で練習が中止になったサッカー部。


明後日の日曜は他校との練習試合の予定が組まれているせいもあり、本日は早々に解散となった。


みくと満久が付き合い始めて一か月が過ぎようとしていた。


図書委員のみくを迎えに二階の東南にある、


晴れた日には明る過ぎてブラインドが欠かせない窓の多い図書室に来た満久は、


誰も来ないその窓際に座って、参考書らしき本をじーっと眺めた姿勢のまま固まっているみくの姿を発見して、


静かに背後に回ると、まだ気付いていないみくの目を、


両手でそっと塞いだ。


「きゃっ!・・・みつ、ひさ?・・・でしょ?」


「・・・・・・」


その問いに満久は、笑い声を上げないように歯を噛み締めて堪えて黙っていた。


「えっ、ちょ、ちょっと、違うの?や、やだ、ふざけないでよ、ねぇ、放して!」


怖くなったみくが声を上げると、


「俺だって。」


ぷっ、くくく・・・と笑った満久はみくの目から両手を離し、隣の椅子をカタンと鳴らして引き出すと座った。


「もっ、もぉー!満久のばかっ・・・怖かったんだからねっ!」


「無防備過ぎるよ。俺じゃなかったらどうすんの?」


「やっ、やだ・・・そうよね、あーもう!」


みくは、ほーっと息を吐いた。


「そんなに真剣になる問題?」


侵入者に気付かない程?


「だってぇ・・・実はね、この前の数学、追試になっちゃった・・・の。」


「えー?マジで?何でもっと早く言わないんだよ。みく、全然数学勉強してなかったから、余裕なのかと思ってたよ。」


「違うよ。全然解んないから・・・満久にバカって思われるとやだなって思って言えなかったの。」


「何それ。言えば良かったのに。俺、数学だけはマシな方だから。」


「そうなんだ・・・それじゃあ、この問題教えて。」


「いいよ。」


みくは、満久はサッカーばかりで勉強はあまり得意ではないという印象を持っていたから、意外な面を見せられて驚いていた。


満久は、手を離した時に覗き込んだみくの顔が、涙目で不安そうだった表情から一転、満久だと判った時に安心して、


表情を緩めて笑った顔に、ぎゅうっと心臓を掴まれたように錯覚し、胸の奥がじんと熱くなっていた。







「ゆえに・・・?」


「ゆえに、んー、解んない。」


可愛いな・・・そうやって顰める顔も、考え込む時に無意識の内に髪の毛をくるくると指先に巻き付ける仕草も。


「だから、ここがこう、それで、このみくの指が・・・」


「指が?何?」


忘れられない日 4

Posted by 碧井 漪 on   0 

忘れられない日4



さっきのって、1/2でキス出来る方法?と思っていたみくは、それまで繋いでいた手を離して、みくの被っていた雨合羽のフードを下ろした満久を見た。


資材置き場のフェンス前にあった古いベンチの上に、濡れないようにとビニール袋に入れていた二人分の鞄を満久がとすんと置くと、みくの方を振り返った。


このカテゴリーに該当する記事はありません。