FC2ブログ

sazanamiの物語

恋愛小説を書いています。 創作表現上の理由から、18才未満の方は読まないで下さい。 恋愛小説R-18

水晶の雨 1 R18  短編エロス系・閲覧注意

Posted by 碧井 漪 on   0 


水晶の雨1





会社に勤めて四年も経つと、女子社員の中では中堅クラスに位置づけられた。





新卒の女子社員は大抵二、三年で辞めてしまう。





理由は様々な様だけれど、一身上の都合という理由以上は解らない。






私は四年、上が少ないのでチームのサブになっていた。






仕事が出来ない訳ではないと変な自信も手伝って、プライベートにも積極的になる好循環。







大学の友人の紹介で会った4つ年上30歳の同業他社の彼氏も出来た。いずれは結婚も考えている私にとって大切な人だ。






会社は違うけれど、同じ業態だから、話題も近い。けれど業務の内容などは絶対に洩らしたりはしない。







最近は彼の会社の方が良い企画が多く、うちの会社と差がつき始めて特にピリピリしてるから、もし彼と付き合っている事が知れたらスパイ扱いされてしまうかもしれないから絶対にばれてはいけない。







これ以上彼の会社と差をつけられない為にも、がんばって次の企画を通さないと。







「鴇さん、部長が呼んでます。」「え・・・部長が?」







部長と言うのはこの会社の創業者の孫32歳で、半年前まで別の企業に勤めていた。






けれど、半年前までいた部長、現社長の息子46歳は失踪し、行方不明になってしまった。






という訳で、この若造君がいきなり来て部長だなんてという社内のムードだったが、山田頼人、頼りになる人と書いてライト部長は確かに以前の部長とは違って迅速かつ的確に人を束ねた。






遠目から見た事はあったけれど、直接口を聞くのはチーム長でも滅多にない位、忙しくいつも出払っていた。






何の用だろう。もしかして企画の事かも、直々にと言う事は認められたのかもしれない。






浮き足立つ心を隠して、部長の部屋に向かった。

水晶の雨 2 R18

Posted by 碧井 漪 on   0 

水晶の雨2






静かになった。





携帯の時計を見ると18時過ぎ、薄暗い。最近日が短くなったと感じていた。





退社時間までに誰かが気づかなければ、ずっとこのまま?





明日の朝になっても出勤しなかったら誰かが家に連絡して、そして帰っていないと家族もチームも探してくれる筈。




・・・もう一度、携帯電話の画面を見る、18:03 Fri。






金曜日、明日は土曜日。会社は、休み。






犯人は知ってて、休みだと解かった上で計画を実行したと言うの?





絶望という二文字が頭の中で大きくなった。






膝を抱えて顔を埋めたまま、顔を上げたくない。何もない暗い部屋に部長と二人閉じ込められて、何もかも夢だと思いたい。





現実はそんなに甘くないと、奥歯を噛み締めて逃避したい気持ちを封じ込めた。

水晶の雨 3 最終話 R18 短編エロス系・閲覧注意

Posted by 碧井 漪 on   1 


水晶の雨最終






それを見ていたみのりは、赤いな、と思った。







胸の上で動かされる温かな濡れた舌の感触。







薄暗い、殺風景なその部屋の中で、熱を伝える鮮やかな赤色を見ていると、まるで自分への激しい感情を表しているかのように錯覚してしまう程に、男を欲し始めている自分の体に気付いた。



サイゴのえっち R-18 後編 ブログジャック「エロnamiの物語」

Posted by 碧井 漪 on   0 

「すげっ、メチャクチャ締まる・・・こんな、イイの初めて。アサミのナカ、すげぇ、最高!」ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、とトーマの欲情する吐息が、アサミの耳に心地良く響く。









あたしだって、イイ、ああ、キモチイイのっ!










もっと狂いたい。脳の中がほわんとなって、クラクラとする。はぁんっ・・・







始まらない恋と終わらない体

Posted by 碧井 漪 on   6 

その人とは、こうなると思っていなかった。







好きとも、嫌いとも、思わない。










からだだって、許すつもりもなかったのに、何故かすらも、今は霞がかかったアタマデハ考えるちからもナイ…










吸われる胸に与えられ続ける、母性という名の快感。











腰の奥の奥から、奪われてイク…









星の中の1つ 1  (R-18・エロひいき限定公開記事 11/7と11/14)

Posted by 碧井 漪 on   1 

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村 恋愛小説ランキング

ブログランキングならblogram






用意が周到な所がちょっぴり?ううん、かなり嫌だなと感じた。



そうか、それを周到と捉えないとして、いつもそういうチャンスを狙っている人だったのかと考えると・・・うーん、今度はガッカリした。



デパート閉店後の、空調の切られた薄暗い服飾売り場。



このテナント専用の試着室で、定員一名の試着室に店員が二名。



後ろから突く速度を上げた副店長の腰。


星の中の1つ 8 (R-18・エロひいき限定公開 12/23)

Posted by 碧井 漪 on   1 

昨夜着信があった。時間からすると、帰宅してご飯を食べていたかお風呂に入っていた頃だと思う。


2秒で切れた不在着信履歴の相手は、東戸愛杜。


出勤前に気がついた。


2秒という、


その短さから、間違って発信ボタンを押してしまった・・・単にそれだけだと思う。


星の中の1つ 11 (R-18・エロひいき限定記事 12/28)

Posted by 碧井 漪 on   0 

「ねぇ、どっちがいいかな。」


ドレスだ、指輪だ、引き出物だ・・・何だかんだと訊いて来る律子に愛杜は、少しうんざりしていた。


「りっこが好きな物に決めていいよ。」と何度目かの同じ台詞を口にして、


思い浮かべるのは、『沼田真実』の退職願の文字。

星の中の1つ 12 (R-18・エロひいき限定記事 12/29)

Posted by 碧井 漪 on   2 

副店長は私に向かって、うん、と僅かに首を縦に動かしたようにも見えた。


うん、って・・・


そんな、私、誤解しますよ?


あの夜、私があなたを誘ったみたいに、今度はあなたが私を誘っている?


勘違いしちゃ駄目よ真実。


やっぱりチーフと、と思った真実が右を向くと、


グイッと、掴まれたままの左手を引っ張られた。


星の中の1つ 14 (R-18・エロひいき限定記事 12/31)

Posted by 碧井 漪 on   1 

腕にかかる重みで目を醒ますと、彼女の寝顔が目に入った。


ああ・・・そうか。


窓にかかるカーテンに目をやると、外はまだ明るくなってはいないと解る。


布団から出ている真実の腕を掴むと冷たかったので、


その体を愛杜は顔が枕に届くまで引き上げてそっと下ろした。


そして何も身に付けていない真実の体を、掛け布団ですっぽりと包んだ。


星の中の1つ 15 (R-18・エロひいき限定公開 1/5)

Posted by 碧井 漪 on   0 

年末の慌しさを感じさせない清々しい朝の陽射しが、レースのカーテン越しに床に届いているのを見ながら、


「まずっ・・・」口にしたコーヒーが薄過ぎて、思わずそんな言葉を零してしまった。


耳の端に引っかかったのか、


真実は、明らかにムッとしたように見える目で俺を見た。


しゅわっとシたい (R-18)

Posted by 碧井 漪 on   0 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
blogramで人気ブログを分析
blogramランキング参加中!





    以前裏で公開しました続きの書けていない話です。


    今日は綱さんの続きを書いていましたけれど、最近マンネリな気がして(大きく話が動くのがもう少し先なので・・・)、

    他の方の書かれた人気作を読んで勉強しよう!と、

    いくつか、某有名小説(有料もある)サイトの上位アダルト区分の小説を読ませて頂きました。


    性描写はソフトな感じで、アダルトというよりはもう少し健全かも、という・・・ムーンライトノベルズの方が過激かな?と思って、ムーンライトのやはり上位作品を拝読しましたら、

    ないです強いRは・・・・・・Rシーンって書かないのが無難かも、というibさんのご意見を裏付けました。



    もう、中途半端なエロはダメなんだ・・・(T-T)純文学を目指すなら、全力でRシーンを回避してキレイに「翌朝」に続けないとダメなんだ!


    そんなにRを書きたいのだったら・・・官能小説を書いてみようと試みましたが、経験値が低いのでアッサリ倒れて、けれどエロを捨て切れずに、このザマでございます・・・m(_ _)mしょぼん。


    何らかの記事を更新したい性質を変えないと駄目なのですが、今夜も公開して後悔します。






    分水 利己(ふんすい としみ)、通称・リコは大学三年生。見た目草食系で顔と性格はやさしいけれど、実は肉食男子。

    牟藤 唯織(いおり)、通称・いおは同じく大学三年生。リコに溺愛されている。色々なファッションを試すのが好きな、あどけなさの残るかわいらしい系女子。



    しゅわっとシたい (R-18) 番外編 【4/9 エロひいき「言ったんですか?」が「一旦出すよ?」に変換されて脱線しましたm(_ _;)m】

    Posted by 碧井 漪 on   0 

    にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
    にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
    blogramで人気ブログを分析
    blogramランキング参加中!





      コレを出すか、アレを出すか、それとも・・・


      色々考えましたが、4月の限定記事だったので4月中に公開してしまった方がいいのかもという事で、やっぱりずっと公開したくないと思いながら、過去作品の改稿(ヨメナイ・・・//x//;モノカキニトッテノゴウモン?)も出来てないし、新たな続きも書けてないしで、やむを得ずコチラを通常公開してしまいます(ええ、そこまで無理に更新しなくてもいいというのは、ごもっともなのですけれど^-^;)。


      「しゅわっとシたい」の2を先に書けたら、と思いまして、今夜頑張ってみましたけれど、コウソクリョウジョク系(高速料金体系?)しか思い浮かばなくて、余計ダメダー(T-T;)と書くのを止めました。ヨミタイカタ、イラッシャイマスカ?(- -;)?


      そして、純情32オトコの続きを急ぎましたが、A部長より酷い状態になってしまい、さわやカシューを応援して下さっている皆様、申し訳ございませんm(_ _;)mヤツもオトコですって・・・事で、まだマシかもと、今夜リコ&イオのエロです。


      4/9 3時に限定公開済のエロひいき↓そのままを掲載しています。短いですが、苦手な方はここでおやめ下さい(作者は別の意味で短くても読み返せません//x//;ナンダコレハ・・・)




      しゅわっとシたい (R-18) 2

      Posted by 碧井 漪 on   2 

      にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
      にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
      ブログランキングならblogram
      blogramランキング参加中!





        もうやめましょうよ・・・と思いながらも、前回の拍手がエロnamiの背中を押してしまいました。


        コウソクリョウジョクケイ(昂促料女苦系?)です。←カッコ内は当て字です。


        前回、拍手を下さった方だけ「続きを読む」からお進み下さい。それ以外の皆さまはここでやめておかれた方が無難です。


        「乙女ですって」は明日の23時更新になります。一日進むのに何話割くんだろうと作者自身も頭を悩ませながら、もう少し、いえ・・・しばらくこのまま鈍行になります。










        しゅわっとシたい 3 (R-18)

        Posted by 碧井 漪 on   0 

        にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
        にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)

        ブログランキングならblogram
        blogramランキング参加中!





          抱きかかえているいおをふかふかラグの上に下ろすと、俺はリビングの灯かりとエアコンを点け、風向きを変えた。


          「寒くない?」と訊くと、「背中が冷たかったけど、今は平気。」と茶巾縛り状態のままのいおのくぐもった声が聞こえた。


          「そのうち、あったかくなるよ。」


          そう言って俺は、ラグの上に仰向けにした いおの、揃った両脚を膝立ちで跨いだ姿勢で剥き出しの胸に唇を落とした。


          するとすぐ、いおはビクンと反応した。







          しゅわっとシたい 5 (R-18) ※このシリーズをご存知の方のみご覧下さいm(_ _)m

          Posted by 碧井 漪 on   2 

          にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
          にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
          ブログランキングならblogram
          blogramランキング参加中!





            肌の内側に籠る熱さに堪えられなくなった俺は、着ていたものを全部脱いで裸になった。


            それから再び、いおの蜜口の周りを舌先でなぞってみる。


            「う、ううんっ・・・っ!」


            いおは声を上げるけれど、そんなには感じてない様子。


            それならと、利己は唯織の蜜穴の中に舌先を捻じ込んだ。


            しゅわっとシたい 6 (R-18) 最終話+あとがき ※5をご覧になられた方以外は御遠慮下さい

            Posted by 碧井 漪 on   2 

            にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
            にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
            ブログランキングならblogram
            blogramランキング参加中!





              改めてすごいなと思った。


              女の体はその奥で男の精子を受け止めて、卵子と合体させたのち、子宮の中で受精卵からニンゲンまで育てて、

              この世に生み出す。



              しゅわっとシたい(R-18) 目次

              Posted by 碧井 漪 on   0 

              しゅわっとシたい(R-18) 目次





              にほんブログ村 愛欲






                好ましいアンド 1 (R-18) 短編

                Posted by 碧井 漪 on   0 

                好ましいアンド

                にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)





                  ドアを開けると煙草臭い彼女の部屋。


                  玄関へと足を踏み入れる彼女の背後にくっついて、狭いたたきで靴を脱ぎ、上がる。


                  煙草を吸うのも吸われるのも好きじゃない。


                  だけど、俺は何も言わない。


                  「何か飲む?」


                  「いらない。」


                  居酒屋で飲んで、つまみ食べて、それなりに腹は満たされてる。



                  このカテゴリーに該当する記事はありません。