銀と千の心 16 (R-18) - sazanamiの物語
FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    銀と千の心 16 (R-18)

    にほんブログ村テーマ ちょいエッチへ
    ちょいエッチ


    少し乾いて、何か言いたげに開いた千里の唇を塞いだ銀矢は、腰を引いた。


    舌を絡めながら、銀矢は千里の最奥まで突き込んだ。


    パン、パン、パン、二人のカラダがぶつかる音がバスルームに反響する。


    くちゅ、くちゅ、くちゅっ。


    気持ちいい・・・先生のキス、そして下半身に与えられる激しい刺激。


    私のカラダの中を貫くあなたの熱に、ジンジン感じてる。


    私をもっと強く、激しく求めて。もっと、奥深くまで、

    あん、あんっ、気持ちいい。あなたも、もっと、もっと気持ち良くなって。


    お願い・・・私のカラダでイッて欲しい。他の女を抱きたいと思ったり出来ない位の快楽を与えたい。


    私だけで満足して欲しいの。


    先生はモテるから、私以外の女に誘われる事があると思う。


    その時、先生が私のカラダから得られる以上の快楽を求めてしまったら、そして私以外の女が与える快楽を先生が知ってしまったら、私達の関係は終わる。


    夫婦であろうとも、終わってしまう。


    今までは、肉体関係と信頼関係は直結していないと思っている節があった。


    でも、これからは違う。


    あなたが私を求めなくなったら、私があなたを求めなくなったら、二人は終わる。


    恋人から夫婦になったからと安心していては駄目。


    お互いが一番でいられるには、心、そしてカラダも必要だった。


    「気持ちいいよ。千里は?」


    「わ、私、も、あ・・・っ、はぁ、はぁ・・・っ!ん、んーっ・・・!」


    イキそう。


    キスだけじゃなく、胸も、耳も、首筋も、唇でなぞられて、ビクビクとカラダが跳ねる。


    アソコも、ヒクヒク、キュウキュウ、

    あなたのイチブを締め付けて、私のゼンブに呑み込もうとしている。


    繋がって居られる──それが、キモチイイの。


    熱くてトロトロに蕩けてしまいそう。


    今日はコンドームがないからかもしれない。


    直に擦れ合う感触というより、直に触れ合えた事に悦んでいる。


    私だけ・・・そのままのあなたに触れて触れられるのは、妻である私だけ。


    パン、パンッ、パンッ・・・


    「あ、あ、ああ・・・っ!イキ、そう・・・っ・・・!」


    「ん、俺、もう無理だ・・・抜くよ?」


    やだ!イキそうなのに、抜かないで。


    「や、いや、抜いちゃ、やっ・・・んん、んーっ・・・!」


    あ、ああ・・・頭の中が真っ白になる──


    ビク、ビクビクッ!


    絶頂に達した千里の蜜襞は、銀矢の肉棒を強く締め付けた。


    千里がイッたのとほぼ同時にイッた銀矢は、千里のナカから慌てて引き抜いたが・・・


    「はっ、はあっ・・・千里、ごめん。少しナカに出したかも・・・」


    ずるり、慌てて引き抜いたその先端から、床の上に白濁が零れ落ちた。


    勿論、千里の蜜穴からも銀矢の放った精が、千里の腿の内側を伝っている。


    銀矢は不安に駆られた。


    「早く洗おう。ナカも。多分大丈夫だよ。」


    「うん、でも、もう・・・」


    息を整えた千里の表情は暗く沈んだように見えて、銀矢はそれを怖ろしく感じ、避妊をしないで行為に及んだ事を後悔した。


    「千里、まだ大丈夫かもしれないだろ?今ので妊娠したとは限らない。」


    「ううん、もういいの。妊娠したらしたで。」


    千里の表情は、覚悟を決めたというようにも取れた。


    「・・・妊娠したら堕ろすのか?」


    考えたくはなかったが、”来年から家の外に出て働きたい”と言っていた千里なら、その選択をする事もあり得る・・・


    妊娠中絶──銀矢は反対派ではないが、千里との間ではしたくないと考えていた。


    俺と千里の子どもを殺すなんて。


    しかし、実際に妊娠・出産するのは女性である千里。


    その後の育児も、千里に大きな負担をかける。


    "産んでくれ"とは強要出来ない。たとえ夫婦でも。


    「もしも妊娠しちゃったら・・・」


    次の言葉を聞きたくないと思った銀矢は、塞げない耳の代わりに目を閉じた。


    関連記事

    テーマ : 恋愛:エロス:官能小説
    ジャンル : 小説・文学

    プロフィール

    碧井 漪

    Author:碧井 漪
    絵師 西洋蔦(ib)さんと共に更新中


    作品の著作権は
    sazanami&ibにあります。
    無断転載は禁止しています。



    ☆総合目次☆

    *乙女ですって 相関図*

    *近男 登場人物紹介*

    *SとS 家系図*

    *恋愛小説 官能小説 作品一覧
    +覚書 2017.2*

    応援バナー
    いつも応援ありがとうございますm(T▽T)m
    にほんブログ村テーマ 恋愛小説(オリジナル)へ
    恋愛小説(オリジナル)
    にほんブログ村テーマ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
    小説15禁・18禁(性描写あり)
    blogramによるブログ分析
    blogramランキング参加中!
    ↑当ブログ成分が
    解き明かされています(//∇//)






    2014.10.16設置



    最新記事
    検索フォーム
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスカウンター2012.6.28~
    ご訪問ありがとうございます
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ