sazanamiの物語
    コンテントヘッダー

    積み重なって解けるとき 56 ※哲編 「風邪みたいに移して 45、46」

    にほんブログ村テーマ 長編小説、ノベルシリーズへ
    長編小説、ノベルシリーズ


    僕は、僕を無視するきみちゃんに近付き、腕を掴んで、僕と向き合わせた。


    そして、

    「さっきはごめんなさい。」と謝った。


    きみちゃんは無言だった。


    あんな事をした僕の事を怒っているのだろう。


    その証拠に、僕の顔を見ようともしない。


    そしてまた、お参りを開始した。


    そんなに一生懸命、どんな願い事をしているのだろう?


    僕なんて、地獄に落ちろ、とか?


    だったらもう地獄だよ。きみちゃんに嫌われた僕は、悲しくてどうしようもない。


    続きを読む

    テーマ : 恋愛小説
    ジャンル : 小説・文学

    コンテントヘッダー

    縺曖 101


    にほんブログ村 小説ブログ


    「え?」僕がタオルを受け取ると、

    「汗、拭いて下さい。」と皇くんが言った。


    僕はタオルを持っていない手で自分の頬をぺたりと触ってみる。


    確かに火照った感じはするけれど、汗は乾いている。


    僕より、皇くんの方が大量の汗をかいている。


    続きを読む

    テーマ : オリジナル小説
    ジャンル : 小説・文学

    コンテントヘッダー

    馮離 A面 17

    馮離 A17
    にほんブログ村テーマ BL小説(創作)へ
    BL小説(創作)


    ぱさっ。


    何かが頬に触れた。重い、そして生温(なまあたた)かい何か。


    うーん・・・


    目をゆっくり開いた朝臣に見えたのは、人の腕だった。


    あれ、何だこれ、夢か?


    ぱちぱちと瞬きしてみる。


    隣には、うつ伏せのまま、顔を半分枕に埋め、眠る賢さんの姿があった。


    俺の左頬は、賢さんの右手に包まれている状態。


    何故?


    ゆうべの記憶を辿ってみる。


    風呂から上がって、着替えて、ベッドでマッサージを受けて・・・


    続きを読む

    テーマ : BL小説
    ジャンル : 小説・文学

    コンテントヘッダー

    縺曖 100

    「え、皇くん・・・」驚いた伸長の右手人差し指は、皇を指していた。


    「先輩、遅れてすみません。待ったでしょう?」


    はあ、はあ、まだ息を切らしている所を見ると、相当走ったと窺える。


    皇を指したままの指に気付いた伸長は、慌てて引っ込めながら、

    「ううん、今来た所。」と皇に返事をした。


    これって何だか、恋愛小説で読んだ待ち合わせのシーンみたい。


    続きを読む

    テーマ : オリジナル小説
    ジャンル : 小説・文学

    コンテントヘッダー

    雨のち晴れた日に 10 奏でていれば

    にほんブログ村テーマ リアル・恋愛小説へ
    リアル・恋愛小説


    「どんなのでもいいから、ギターを借りたい。」


    「ぎ、ギターって、あれか?弦六本のあれか?音の出る楽器の・・・」


    コタローは驚き、薄茶のサングラスの真ん中を右手の中指で押し上げた。


    「他にあるのか?」


    「いや、ない、ないけど、ええと、ギター、アコギかエレキか?形はどんな・・・」


    どうしてコタローが慌てているのか、さっぱり分からないが。


    「弾ければ何でもいい。贅沢言えば、弦が錆びてないヤツ。」


    「あ、あるよ、家にある。戻って、すぐ持って来る。」


    トイレに行きたいのか?コタローは、ソファーから腰を浮かせてそわそわしている。


    続きを読む

    テーマ : 恋愛小説
    ジャンル : 小説・文学

    コンテントヘッダー

    縺曖 99

    にほんブログ村テーマ 自作小説・漫画万歳!へ
    自作小説・漫画万歳!

    2016年5月7日土曜日、午前9時5分、空見谷駅前。


    皇くんとの待ち合わせは9時30分だったけれど、駅へ向かうバスの時刻に合わせて出たら、この時間になった。


    あと30分近くある。待つのは苦じゃない。何か空想をしていればすぐだから。


    どこかに座って、人の流れの邪魔にならないようにしよう。


    そう考えた伸長は、辺りを見回した。


    しかし生憎、駅前広場にあるベンチは全て埋まっていた。


    年配の人に、子ども連れの家族。若い男女。


    高校の最寄り駅だけど、土曜日なので学生の姿はない。

    続きを読む

    テーマ : オリジナル小説
    ジャンル : 小説・文学

    コンテントヘッダー

    銀と千の心 17 (R-18)

    にほんブログ村テーマ TL好き、ティーンズラブ好きvへ
    TL好き、ティーンズラブ好きv


    「産んでもいい?」


    「えっ?!」


    銀矢は驚いて目を見開いた。まさか千里の口から三人目の子どもを産むと聞けるとは考えていなかったから。


    「えっ?てダメなの?もしも妊娠したら、私、堕ろすのは嫌だよ。だって、パ・・・先生の子どもだもん。」


    「ダメなんて言ってない。逆だよ。千里は産まないって言うかと思ってた。だって、いつも避妊しろって、それに最近はご無沙汰だったし・・・」


    「まだ寿矢が小さいから、妊娠したくないとは思ってる。でも、妊娠したら産みたい。」


    続きを読む

    テーマ : 恋愛:エロス:官能小説
    ジャンル : 小説・文学

    プロフィール

    碧井 漪

    Author:碧井 漪
    絵師 西洋蔦(ib)さんと共に更新中


    作品の著作権は
    sazanami&ibにあります。
    無断転載は禁止しています。



    ☆総合目次☆

    *乙女ですって 相関図*

    *近男 登場人物紹介*

    *SとS 家系図*

    *恋愛小説 官能小説 作品一覧
    +覚書 2017.2*

    応援バナー
    ご訪問ありがとうございます
    にほんブログ村テーマ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
    小説15禁・18禁(性描写あり) にほんブログ村テーマ イラスト・まんが・挿絵・デザインへ
    イラストまんが挿絵デザイン
    blogramによるブログ分析
    blogramランキング参加中!
    ↑当ブログ成分が
    解き明かされています(//∇//)





    2014.10.16設置



    最新記事
    検索フォーム
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスカウンター2012.6.28~
    ご訪問ありがとうございます
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ