sazanamiの物語
    コンテントヘッダー

    縺曖 233


    にほんブログ村 BL小説


    「そうだ、これ・・・」


    皇くんは、机の上に載せていた一番下のノートを引き抜いて、僕に手渡した。


    初めて見る、黒い革表紙のA5サイズの冊子。


    「これ、何?手帳?」


    小説にしては薄いし、タイトルもない。

    続きを読む

    テーマ : 自作BL小説
    ジャンル : 小説・文学

    コンテントヘッダー

    乙女ですって 227 (R-18) 運命を決める日


    にほんブログ村 恋愛小説



    6月4日木曜日。


    菜津子は退院し、自宅に戻った。


    退職届はまだ手元にあった。


    入院、退院、退職、結婚、そして出産、育児。


    今まで考えた事も無かった事が、短期間で次々その身に降り掛かり、まだどこか信じられないような気持ちになってしまう菜津子だったが、日々大きくなるお腹の中で動く子の事を考えると、現実をしっかり見据え、前を向こうと努めた。


    そして菜津子は、横になった布団の上から、見る度、憂鬱になってしまうカレンダーから目を逸らした。

    続きを読む

    テーマ : 恋愛小説
    ジャンル : 小説・文学

    コンテントヘッダー

    そうそうない 49 2015年10月12日のこと(6)


    にほんブログ村 恋愛小説


    美和は今頃、家の中で出て行く支度をしているのだろうか。


    昨日も今日も散々手伝わせておいて、突然『出て行け』だなんて、どんな酷い人間なんだ、僕は。


    いや別に、美和に”いい人”と思われたい訳ではない。


    そもそも美和がここへ来たのも住み着いたのも、僕が望んだ事ではない。寧ろ迷惑していた事なんだ。


    火傷させてしまったから、当分の間置く事にしただけで、今、僕が美和をこの家に住まわせる義理はない。


    今夜からまた一人になる。食事の支度も、掃除も、畑仕事も、寝るのだって全部一人、ずっと一人。


    朝、美和を幼稚園まで車で送る事もしなくていい。食材を買うのだって一人分でいいから運ぶのが楽だ。朝も晩も、以前のように静かに過ごせる。わーさんも独り占め出来る。


    これでいい、これがいい。


    僕はもう一秒だって美和に時間を割かない。全部、わーさんだけにするから。

    続きを読む

    テーマ : 恋愛小説
    ジャンル : 小説・文学

    コンテントヘッダー

    そうそうない 48 2015年10月12日のこと(5)


    にほんブログ村 恋愛小説


    「秘密。」


    「秘密って何だよ。言えよ。」わーさんは、僕の大事な人だぞ?


    「じゃあ、元も教えてくれる?いつもわーさんと何を話しているのか。」


    美和に言われて、ハッと気付いた。僕はわーさんに話している事はないと。ただ寂しいという事と、それから会いたいと願う事ばかり。


    「話してないよ。だって、答えは返って来ないから。」


    問い掛けても返事はない。返事が来たかのように、都合の良い方に考えを持って行く事もしたくない。


    「寂しいなぁ。」お墓を見ながらそう吐き出した美和は、すくっと立ち上がった。


    「寂しいよ。」


    続きを読む

    テーマ : 恋愛小説
    ジャンル : 小説・文学

    コンテントヘッダー

    近男 -Kindan- (R-18) 改稿版 5 恋の始まり(27~31話)

    にほんブログ村テーマ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
    小説15禁・18禁(性描写あり)


    「なんてね。輝美の傍に居られるなら、男として見られなくてもいい事に今はしておく」

    流星がじっと輝美の目を覗き込んだ。

    キスされる!

    顔を背けた輝美の目の下に、流星はそうっと唇を近付けた。

    あ…!ブルッ…

    流星から与えられた触れるか触れないかのキスに、輝美のカラダは震えた。そのあと、輝美の耳に口を近付けた流星は囁いた。

    「やっぱり、俺は出て行かない事にした。だから、寂しがって泣かないで」

    どきん!

    流星の囁き声に、輝美の肌が粟立った。

    続きを読む

    テーマ : 恋愛:エロス:官能小説
    ジャンル : 小説・文学

    コンテントヘッダー

    馮離 B面 25

    馮離25

    にほんブログ村



    先の事を考えたくない、そう言っている人間は、この先の逃れられない嫌な事を、一秒でも味わいたくないからなんだろう。


    自分のしあわせを追い掛けたいなら、親を捨てる非道な人間にならなければならない。


    親に恨まれるのが俺だけならそうしても構わない。


    しかし───そうではないから、俺はそうしてはならない。


    続きを読む

    テーマ : 自作BL小説
    ジャンル : 小説・文学

    コンテントヘッダー

    そうそうない 47 2015年10月12日のこと(4)


    にほんブログ村 恋愛小説


    「ねー、元。こっち終わったよ。まだそっち残ってる?」


    「ああ。でも後これだけだから、僕がやるよ。ゴミも纏めておく。」


    「じゃあ私、お茶煎れるね。」


    「うん。」


    立ち上がった美和は、軍手を外し、縁台に置いた。

    続きを読む

    テーマ : 恋愛小説
    ジャンル : 小説・文学

    プロフィール

    碧井 漪

    Author:碧井 漪
    絵師 西洋蔦(ib)さんと共に更新中


    作品の著作権は
    sazanami&ibにあります。
    無断転載は禁止しています。



    ☆総合目次☆

    *乙女ですって 相関図*

    *近男 登場人物紹介*

    *SとS 家系図*

    *恋愛小説 官能小説 作品一覧
    +覚書 2017.2*

    応援バナー
    いつも応援ありがとうございますm(T▽T)m
    にほんブログ村テーマ 恋愛小説(オリジナル)へ
    恋愛小説(オリジナル)
    にほんブログ村テーマ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
    小説15禁・18禁(性描写あり)
    blogramによるブログ分析
    blogramランキング参加中!
    ↑当ブログ成分が
    解き明かされています(//∇//)






    2014.10.16設置



    最新記事
    検索フォーム
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスカウンター2012.6.28~
    ご訪問ありがとうございます
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ